とにかく短く!! 短縮URLを自分で決めてサクッと作れるChrome拡張機能 『Short』

自分でURLを決めてサクッと短縮URLを

発行できるChrome拡張機能。

長いURLなどを分かりやすく123とか
自分でアドレスを決める事が出来ます。

short6

Chrome拡張機能 Short インストール

インストール

short1

上記リンク先ページをChromeで開き

「Chromeに追加」をクリックします。

short2

拡張機能を追加でインストール完了です。

レビュー

short3

追加されたアイコンをクリックすると

まずはアカウント登録が必要ですので

Google、Facebookで認証します。

short4

この様な画面が表示されます。

左側に通常のURLを入力、右側に
自分でURLを決めたい場合は

短縮したい文字を入力してみます。

画面では123と入力してみました。

https://short-d.com/r/123
という感じで短縮URLが発行されました。

short5

また拡張機能ならではの機能として

アドレス欄にs/123と先ほどの短縮アドレスを

入力するとサイトに飛ぶことが出来ます。

このサイトではそんなに短くもなりませんが、

各種商品URLなど長いURLでは便利です。

  • コメント: 0

今後30年間震度6弱以上の地震が発生する確率を地図で表示したWebサービス 『J-SHIS Map』前のページ

【解決】インターネットが切断される!! 定期的に切断される場合にイベントログにbowser:8003のエラーログが記録される場合の対処方法次のページ

関連記事

  1. Chromeツール

    WebページのCSSを解析して表示してくれるChrome拡張機能 『CSS Peeper』

    WebページのCSSをポップアップで表示してくれるChrome…

  2. Chromeツール

    Web上のQRコードを読む事が出来るChrome拡張機能 『なぞってQRコードリーダー』

    QRコードを表示してあるWebサイトなどのQRコードを読む事が…

  3. Chromeツール

    Chromeのタブをまとめて保存!! 復元も簡単なChrome拡張機能 『Tabbie』

    Chromeの現在のタブをまとめて保存保存したタブは復元も楽々…

  4. Chromeツール

    指定範囲のリンクを一括で開けるChrome拡張機能 『Linkclump』

    Webページ上のリンクを範囲指定するだけで一括で開いてくれるC…

  5. Chromeツール

    検索結果が見やすくなる!! キーワードをハイライト表示するChrome拡張機能

    Google検索で入力したキーワードをハイライト表示して分かり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP