便利!! WebページのキーワードをクリックするとWikipediaを表示するChrome拡張機能 『Pediator』

ページ内のキーワードをクリックすると

Wikipedia、Uncyclopediaに登録されているキーワードに

リンク表示してくれます

リンクをクリックすると横からWikipediaなどを表示してくれる

という非常に便利なChrome拡張機能です

pediator6

Chrome拡張機能 Pediator インストールはこちらから

インストール

pediator1

上記リンク先ページをChromeで開き

「無料」をクリックします

pediator2

追加をクリックするとChromeにインストールされます

pediator3

アイコンが表示されればインストール完了です

レビュー

pediator4

Webページ表示中にPediatorのアイコンを

クリックするとページ中の単語に赤い枠線が

表示されます

WikipediaやUncyclopediaから登録されている

単語にリンクしてくれます

pediator5

単語をクリックすると横からヌルッと

Wikipediaなどのページが表示され

直ぐに調べる事が可能です

よくWikipediaなどで調べられる方には

非常に便利な拡張機能では無いでしょうか

  • コメント: 0

動作軽快な縦書き文章が書けるフリーソフト 『TATEditor』前のページ

パソコン用にスピーカーを購入Onkyo GX-100HDとYAMAHA YST-FSW050次のページ

関連記事

  1. Chromeツール

    Chromeのウィンドウを分割して綺麗に並べてくれる拡張機能 『Split Tabs』

    Chromeのウィンドウを分割してディスプレイに並べてくれる拡張機…

  2. Chromeツール

    Chrome履歴をサムネイル表示、検索可能なChrome拡張機能 『ALL SEEING EYE』

    Chromeの閲覧履歴を便利にしてくれる拡張機能履歴ページのサ…

  3. Chromeツール

    長いWebタイトルをChrome内に表示してくれる拡張機能 『Show Title Tag』 ちょっ…

    Chromeのタブ表示では表示しきれないWebページのタイトルを…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP