文字化けしたWebページを文字コードを変換して読めるようにできるChrome拡張機能 『テキストエンコーディング』

Buffaloのテラステーションのログを見ようと思ったら

ファイル操作ログのファイル名が文字化けして

読めないという事があり少し探してみると

簡単に文字コードを変換できる拡張機能が

あったのでご紹介

textencording31

Chrome拡張機能 テキストエンコーディング

 

インストール

textencording1

上記リンク先ページをChromeで開き

「Chromeに追加」をクリックします

 

textencording2

拡張機能を追加をクリックすれば

インストール完了です

アイコンが追加されます

 

使い方

textencording3

変換したいページにて右クリックで

「テキストエンコーディング」を選びます

 

textencording4

エンコードしたい文字コードを選択します

 

textencording5

再度読み込まれて文字コードが指定のコードで

表示されます

このブログも変換してみると

しっかりと読めなくなりました

通常のブログなどでテストしましたが

Buffaloのファイルサーバのログや

Webメールなどの文章など正常に

文字が表示されていない場合に

一度使ってみては如何でしょうか

  • コメント: 0

Chromeでサクッと確認!! リアルタイムな気象レーダーによる降水状況を把握できるChrome拡張機能 『あめナビ』前のページ

こんな情報も!? ファイルのメタ情報を調べてくれるWebサービス 『GET-METADATA』次のページ

関連記事

  1. Chromeツール

    Youtube動画をスクロールしても固定してくれるChrome拡張機能 『Video Pinner』…

    Youtube動画画面で動画視聴中などにコメントが気になり読も…

  2. Chromeツール

    ハッカー気分に!? Webページ背景を黒くしてくれるChrome拡張機能 『Hacker Visio…

    Webページの画面を反転してハッカー気分が味わえるかも知れない…

  3. Chromeツール

    気になるページをあとで読む!! スムーズでタブを開いてくれるChrome拡張機能 『Snooze T…

    気になるページ、あとで読みたいページを30分後や明日、週末など…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP