文字化けしたWebページを文字コードを変換して読めるようにできるChrome拡張機能 『テキストエンコーディング』



Buffaloのテラステーションのログを見ようと思ったら

ファイル操作ログのファイル名が文字化けして

読めないという事があり少し探してみると

簡単に文字コードを変換できる拡張機能が

あったのでご紹介

textencording31

Chrome拡張機能 テキストエンコーディング

 

インストール

textencording1

上記リンク先ページをChromeで開き

「Chromeに追加」をクリックします

 

textencording2

拡張機能を追加をクリックすれば

インストール完了です

アイコンが追加されます

 

使い方

textencording3

変換したいページにて右クリックで

「テキストエンコーディング」を選びます

 

textencording4

エンコードしたい文字コードを選択します

 

textencording5

再度読み込まれて文字コードが指定のコードで

表示されます

このブログも変換してみると

しっかりと読めなくなりました

通常のブログなどでテストしましたが

Buffaloのファイルサーバのログや

Webメールなどの文章など正常に

文字が表示されていない場合に

一度使ってみては如何でしょうか

  • コメント: 0

関連記事

  1. Chromeツール

    Chromeを爆速化!!キャッシュやDBを削除して当初の速度にしてくれる『OneClick Clea…

    以前にも何度かGoogleChromeを高速に出来るフリーソフトを紹介…

  2. Chromeツール

    ダウンロードの通知をしてくれるChrome拡張機能 『Download Notifier』

    いつの間にかダウンロード完了していたという事が無いように、ダウ…

  3. Chromeツール

    VirusTotalでチェック!! Webサイトやリンク先のページをウィルスチェックができるChro…

    現在開いているページやリンク先のページのウィルスチェックができ…

  4. Chromeツール

    Google検索結果を1年以内の更新のみにしてくれるChrome拡張機能 ホットなページばかりに

    Googleで検索した際に1年以内に更新されたページのみに表示してくれ…

  5. Chromeツール

    新しいタブを機能的なデスクトップにしてくれるChrome拡張機能 『Live Start Page』…

    ライブ壁紙や時計、検索バーからTodoなどを新しいタブに追加し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP