Chromeを高速化!? Webデータを圧縮して転送量を削減してくれるChrome拡張機能『Data Compression Proxy』



ChromeでWebの転送データを圧縮して高速化してくれる

Chrome拡張機能

Chromeのモバイル版の機能を使った拡張機能です

datacompressionproxy5

Chrome拡張機能 Data Compression Proxy

インストール

datacompressionproxy1

上記リンク先ページをChromeで開き

「無料」をクリックします

datacompressionproxy2

追加をクリックすればインストール完了です

Chromeにアイコンが追加されます

レビュー

datacompressionproxy3

転送量、圧縮量などの確認はChromeのアドレスバーより

「chrome://net-internals/#bandwidth」と入力すれば閲覧可能

微量ながら圧縮してくれるようです

datacompressionproxy4

他にも様々なイベントやタイムラインなどの情報が見れます

圧縮により実感出来る程では無いかも知れませんが

少しでも高速化したいという方は使ってみては如何でしょうか

  • コメント: 0

関連記事

  1. Chromeツール

    約50%にできる!? PDFが圧縮ができるChromeアプリ 『PDF圧縮』

    ChromeアプリでPDFが圧縮できる便利なツール使い方も非常…

  2. Chromeツール

    Chromeをオシャレに!! スクロールバーのデザインを変更できる拡張機能 『Rescroller』…

    Chromeのスクロールバーのデザインを変更できる拡張機能この…

  3. Chromeツール

    Webページを診断!! 怪しいサイトかどうかを教えてくれるChrome拡張機能 『Suspiciou…

    開いたWebページを即座に診断して怪しいサイトなのかを判断してくれ…

  4. Chromeツール

    新しいタブを機能的なデスクトップにしてくれるChrome拡張機能 『Live Start Page』…

    ライブ壁紙や時計、検索バーからTodoなどを新しいタブに追加し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP