Chromeを高速化!? Webデータを圧縮して転送量を削減してくれるChrome拡張機能『Data Compression Proxy』



ChromeでWebの転送データを圧縮して高速化してくれる

Chrome拡張機能

Chromeのモバイル版の機能を使った拡張機能です

datacompressionproxy5

Chrome拡張機能 Data Compression Proxy

インストール

datacompressionproxy1

上記リンク先ページをChromeで開き

「無料」をクリックします

datacompressionproxy2

追加をクリックすればインストール完了です

Chromeにアイコンが追加されます

レビュー

datacompressionproxy3

転送量、圧縮量などの確認はChromeのアドレスバーより

「chrome://net-internals/#bandwidth」と入力すれば閲覧可能

微量ながら圧縮してくれるようです

datacompressionproxy4

他にも様々なイベントやタイムラインなどの情報が見れます

圧縮により実感出来る程では無いかも知れませんが

少しでも高速化したいという方は使ってみては如何でしょうか

  • コメント: 0

関連記事

  1. Chromeツール

    Google画面の黒いバーを再現できる便利なChrome拡張機能 『ProperMenubar』

    Google画面の上部の黒いバーを再現できるChrome拡張機能…

  2. Chromeツール

    時間を忘れてインターネット!! を防いでくれるChrome拡張機能 『Be Limitless』 サ…

    ついつい夢中になってインターネットを長時間・・・という方も多い…

  3. Chromeツール

    Chromeアプリ 住所を見つけると自動でGoogleマップへのリンクを付けてくれる PopMap

    Chromeブラウザ内で住所を発見すると自動的にGoogleマップで開…

  4. Chromeツール

    Javascriptの動作を即座にオンオフできるChrome拡張機能 『jsoff』

    Webページ上で動作するJavascriptの動作をクリックだけで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP