Chromeを高速化!? Webデータを圧縮して転送量を削減してくれるChrome拡張機能『Data Compression Proxy』



ChromeでWebの転送データを圧縮して高速化してくれる

Chrome拡張機能

Chromeのモバイル版の機能を使った拡張機能です

datacompressionproxy5

Chrome拡張機能 Data Compression Proxy

インストール

datacompressionproxy1

上記リンク先ページをChromeで開き

「無料」をクリックします

datacompressionproxy2

追加をクリックすればインストール完了です

Chromeにアイコンが追加されます

レビュー

datacompressionproxy3

転送量、圧縮量などの確認はChromeのアドレスバーより

「chrome://net-internals/#bandwidth」と入力すれば閲覧可能

微量ながら圧縮してくれるようです

datacompressionproxy4

他にも様々なイベントやタイムラインなどの情報が見れます

圧縮により実感出来る程では無いかも知れませんが

少しでも高速化したいという方は使ってみては如何でしょうか

  • コメント: 0

関連記事

  1. Chromeツール

    クリックだけで文字を大きくするChrome拡張機能 『Font Size Increase』

    Chromeでクリックするだけで文字を大きくしてくれる拡張機能…

  2. Chromeツール

    VirusTotalでチェック!! Webサイトやリンク先のページをウィルスチェックができるChro…

    現在開いているページやリンク先のページのウィルスチェックができ…

  3. Chromeツール

    Chromeアプリ 住所を見つけると自動でGoogleマップへのリンクを付けてくれる PopMap

    Chromeブラウザ内で住所を発見すると自動的にGoogleマップで開…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP