とうとうGoogleChromeがFireFoxを抜いて第2位に AndroidもIPhoneも一進一退!!



ブラウザのシェアNo1のIEですが、最近の情勢はどんどん変わってきています

以前にもお伝えしましたが、やはりGoogleChromeが早々にFireFoxを抜いて

第2位になりました。

Firefoxがプラグインなどの互換性関連でユーザ離れしたのか

それともChromeが使いやすい、宣伝効果?!など様々な要因がありますが

PCを再インストールしてもChromeはブックマークやアドオンなどの環境が

元に戻るというのが一番の要因の様な気がします。

また速度的にも以前の記事より実証済みなので

そういう面で評価されているのだと思います

statcounter1

StatCounter Country:Worldwide 対象:Browserの表

この表でもう一つ気になる点があります

IEのシェアが下がり続けているという点

去年にIE9の登場も起死回生にならず、減少し続けています

Windows標準搭載のIEにも関わらずシェアが下がり続けているという点は

ChromeやFireFoxなどがやはり使いやすい・拡張性が有るという

評価があるからだと思います

なかなか正確な評価がされた表だと思います

statcounter2 statcounter3

上記表はOSのシェアです

世界的に日本はWindows7への移行が早いです。

逆に発売10年のWindowsXPがまだまだ評価が高いという結果でもありますが

WindowsVistaの失敗!?をWindows7で盛り返したMicrosoftといった所でしょうか

statcounter4

こちらはスマートフォン・モバイルのブラウザシェアです

日本の統計ですが、Androidがやや優勢か、IPhoneが優勢か・・・

IPhone4Sの発売と同時に上昇気味なIphoneですが

新機種のスパンが長いのでこの先またIPhone5まで下がる傾向か

という感じです

シェアという面でご自身の環境と照らしてみると面白いかと思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 比較

    Chrome64bit版!! ベンチマークで比較してみました

    先日に公開されたChrome64bit版、開発者向けのバージョ…

  2. 比較

    ブラウザ最速王!! 10ブラウザを比較してみました 2012年秋バージョン

    ブラウザの比較をまたまたしてみようと思います今回は10ブラウザ…

  3. 比較

    無料メディアプレイヤー徹底比較 12ソフト機能一覧を独自に表を作成してみました 第2版

    フリーソフトで有名なメディアプレイヤーの機能比較や動画対応などを…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP