*

【Tips】Chrome高速化 キャッシュを無効にして快適なるかも

公開日: : Tips

GoogleChromeや他のブラウザを使っていると段々と遅くなる原因の一つに

キャッシュの肥大化が原因の一つになっていると思います

今回はこのキャッシュを無効にする手順と

キャッシュ容量の制限をかけて、ほぼChromeでのキャッシュを無効にする

という手順をご紹介します

結論から言いますと起動時のレスポンスなどが高速になりました

一度試してみては如何でしょうか

googlecache1

1 キャッシュの無効化

googlecache2

右上の「スパナマーク」より「ツール」→「デベロッパーツール」をクリックします

googlecache3

画面右下の歯車マークをクリック

googlecache4

Disable Cacheにチェックを入れれば完了です

googlecache6googlecache7

キャッシュ有効時はHTTPステータスが304と返ってきた値が

キャッシュ無効時は200と更新されているのが分かります

2 キャッシュファイルの生成のほぼ無効化

googlecache5

これでキャッシュの使用が無効にはなったのですが、

どうやらキャッシュファイルの生成はされているようです

これが気持ち悪い場合はChromeの起動オプションを変更します

googlecache8

スタートメニューなどからChromeのショートカットをデスクトップにコピーしてプロパティ

様々なランチャーソフトなどの起動オプションなどから

Chromeのリンク先の後ろに下記のコードを追加します

C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\Google\Chrome\

Application\chrome.exe –disk-cache-size=1 –media-cache-size=1

このショートカットリンクはWindows7用ですが、基本はXPも同様のオプションで大丈夫です

キャッシュサイズを0としたかったのですが、0は無制限という意味になるようで

1で最小限のキャッシュファイル容量となるようです

幾つかのファイルは生成されますが最小限に出来ます

レビュー

この設定により起動時のChromeにて待たされるという現象

ページからブックマークのページを見る際、ホームページに戻る際の

無反応状態が無くなりました

ただキャッシュはそれなりに便利な機能で

回線が遅い環境などでは非常に有効です

どちらが早いのかは個々の環境で見極めてみて下さい

日頃Chromeのレスポンスが遅いと感じられている方には

非常に有効な手段だと思います

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

  1. [メモ]Google Chrome(Win, Ver.28)でキャッシュをoffにする方法

    開発でGoogle Chromeを使っていると、キャッシュが面倒でoffにしたいときがあるかと思います。Chromeの設定ではキャッシュをoffにできず、デベロッパーツールからoffにできるのですが、今使…

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

    • Info (64)
    • Tips (131)
    • 市販ソフト (8)
    • 解決 (87)
    • 技あり (8)
    • 比較 (14)
    • Wordpress (15)
    • ハードウェア レビュー (26)
    • Windows8アプリ (2)
    • 美しいデスクトップを求めて (13)
    • Freesoft ゲーム (11)
    • 未分類 (1)



PAGE TOP ↑