便利!! Windows10カレンダーとGoogleカレンダーを同期する方法を紹介



Windows10の時計をクリックすると表示されるカレンダー。

実は予定も入力ができるようになっているのですが、

この予定をGoogleカレンダーと同期をする方法を

ご紹介します。

windows10cal101

同期方法

windows10cal1

スタートパネルから「カレンダー」を

クリックして起動します。

windows10cal2

標準ではローカルユーザ用のカレンダーが

有効になっています。

ここにアカウントを追加して

Googleと同期することでカレンダーが

自動的にGoogleカレンダーと同期してくれます。

windows10cal3

左側のメニューより設定を開きます。

windows10cal4

アカウントの管理をクリックします。

windows10cal5

アカウントの追加をクリックします。

windows10cal6

Googleを選択します。

iCloudにも対応しているので

iOSのデバイスとの同期も出来そうですね。

windows10cal7

Googleアカウントの認証をすると

最後に子のような許可が表示されるので

許可ボタンを押します。

windows10cal8

どこで使われるのかわかりませんでしたが、

一応自分のニックネームを入力しました。

これで同期の設定は完了です。

windows10cal13

カレンダーにはこのようにGmailの

アカウントが追加されGoogleカレンダー毎に

表示することができます。

windows10cal9

Web上のGoogleカレンダーに

サンプルの予定を入力してみました。

windows10cal10

しばらくするとWindows10のカレンダーにも

自動で予定が表示されました。

windows10cal11

ポップアップでリマインドもしてくれて

Googleとの同期もしっかりできているようです。

windows10cal12

カレンダーのアカウント設定より

同期のタイミングの設定も可能です。

今まではフリーソフトなどでGoogleカレンダーと

同期出来るようなソフトを使っていましたが

Windows10では標準で同期できるようになっています。

Googleカレンダーを使っている方は

ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Tips

    【Tips】快適!! Chromeを目的別に使い分けできるショートカット作成方法

    GoogleChromeのショートカットを作成して目的別に作成…

  2. Tips

    Yahoo!で旧ブラウザを使っている環境に注意書き ブラウザを最新にする方法も

    Yahoo!にてIE6などの古いブラウザに対してバージョンアッ…

  3. Tips

    【Tips】Windowsキーとカーソルのホットキーが便利!! ウィンドウを簡単に配置

    意外とWindows標準では多くのホットキーが用意されていますが…

  4. Tips

    【Tips】無線アクセスポイントのIPアドレスの調べ方

    簡単な無線アクセスポイントのIPアドレスの調べ方をご紹介…

  5. Tips

    【まとめ】 緊急地震速報や地震情報を受信できるWebサービス、フリーソフトをまとめてみました

    最近になってまた地震が多くなってきて、このブログでも色々と地震に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP