開いてるWebページがHTML5に対応しているかを教えてくれるChrome拡張機能 『HTML5 markup detector』



WebページがHTML5に対応しているかを

調べて教えてくれるChrome拡張機能

ソースを見れば分かりますが、こちらを

使えばもっと簡単に調べることができます

html5markup31

HTML5 markup detector インストール

 

インストール

html5markup1

上記リンク先ページをChromeで開き

「CHROMEに追加」をクリックします

 

html5markup2

拡張機能を追加をクリックすればインストール完了

Chromeにアイコンが追加されます

 

レビュー

html5markup4

対応していないページではこの様に表示されます

 

html5markup3

対応している場合は5と表示されます

赤色はHTML5の宣言だけされている場合

緑色はHTML5の要素が使われている場合

という色分けができます

Webサイト作成時、参考になるページの

解析などに使える便利な拡張機能です

  • コメント: 0

関連記事

  1. Chromeツール

    Chrome上でPDFを編集!! ハイライトやコメントなど挿入可能なChrome拡張機能 『Nota…

    Chrome内でPDFの編集が可能になる拡張機能下線やハイライ…

  2. Chromeツール

    Chromeのタブ数を制限してずっと快適にできる拡張機能 『xTab』

    Chromeのタブ数を制限することでずっと快適にすることができ…

  3. Chromeツール

    開き過ぎたタブを検索でサクッと切替できるChrome拡張機能が便利 『Fast Tab Switch…

    大量に開きすぎたタブからページタイトルやURLで検索可能なCh…

  4. Chromeツール

    地図上の距離や面積を測れるChromeアプリ 『Free Maps Ruler』

    GoogleMap上の距離や面積を測る事ができるChromeア…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP