開いてるWebページがHTML5に対応しているかを教えてくれるChrome拡張機能 『HTML5 markup detector』

WebページがHTML5に対応しているかを

調べて教えてくれるChrome拡張機能

ソースを見れば分かりますが、こちらを

使えばもっと簡単に調べることができます

html5markup31

HTML5 markup detector インストール

 

インストール

html5markup1

上記リンク先ページをChromeで開き

「CHROMEに追加」をクリックします

 

html5markup2

拡張機能を追加をクリックすればインストール完了

Chromeにアイコンが追加されます

 

レビュー

html5markup4

対応していないページではこの様に表示されます

 

html5markup3

対応している場合は5と表示されます

赤色はHTML5の宣言だけされている場合

緑色はHTML5の要素が使われている場合

という色分けができます

Webサイト作成時、参考になるページの

解析などに使える便利な拡張機能です

  • コメント: 0

新しいタブを機能的なデスクトップにしてくれるChrome拡張機能 『Live Start Page』前のページ

受信専用のメールアドレスが作れるWebサービス 『Dispostable』次のページ

関連記事

  1. Chromeツール

    指定URLをブロックして閲覧出来なくするChrome拡張機能 『SiteBlock』

    URLを指定して閲覧出来ないようにブロックしてくれるChrom…

  2. Chromeツール

    新しいタブを美しくてシンプルなページにしてくれるChrome拡張機能 『Zen tab』

    Chromeの新しいタブを美しい写真と共に時刻やメモ、よく使う…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP