開いてるWebページがHTML5に対応しているかを教えてくれるChrome拡張機能 『HTML5 markup detector』

WebページがHTML5に対応しているかを

調べて教えてくれるChrome拡張機能

ソースを見れば分かりますが、こちらを

使えばもっと簡単に調べることができます

html5markup31

HTML5 markup detector インストール

 

インストール

html5markup1

上記リンク先ページをChromeで開き

「CHROMEに追加」をクリックします

 

html5markup2

拡張機能を追加をクリックすればインストール完了

Chromeにアイコンが追加されます

 

レビュー

html5markup4

対応していないページではこの様に表示されます

 

html5markup3

対応している場合は5と表示されます

赤色はHTML5の宣言だけされている場合

緑色はHTML5の要素が使われている場合

という色分けができます

Webサイト作成時、参考になるページの

解析などに使える便利な拡張機能です

  • コメント: 0

新しいタブを機能的なデスクトップにしてくれるChrome拡張機能 『Live Start Page』前のページ

受信専用のメールアドレスが作れるWebサービス 『Dispostable』次のページ

関連記事

  1. Chromeツール

    タイピング速度を記録、表示してくれるChrome拡張機能 『Typing Speed Monitor…

    タイピング速度を記録、表示できるChrome拡張機能CPM(1…

  2. Chromeツール

    1クリックでIP偽装が簡単にできるChrome拡張機能 『Betternet Unlimited F…

    1クリックでIP偽装が簡単にできるWebサービス普通の方は必要…

  3. Chromeツール

    タブを一括保管、いつも開くタブを復元、メモリ節約にも便利なChrome拡張機能 『Tabson』

    開き過ぎたタブを一括で保管、メモリ節約にもなるChrome拡張機能…

  4. Chromeツール

    秘密のブックマークが作成できるChrome拡張機能 『Secure Bookmarks』

    GoogleChromeにてパスワードで保護されたブックマークを…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP