アップした画像の絵を作るのに必要なレゴブロックの数を教えてくれるWebサービス 『Legoizer』



アップロードした画像をレゴブロックに変換して

その絵をレゴブロックで再現するのに

必要なブロックの数を教えてくれるWebサービス

非常に特化したサービスですが

レゴで絵を作りたい時に便利です

legoizer5

Legoizer リンク先はこちらから

legoizer1

まずはこちらに作りたい画像元をアップロードします

legoizer2

絵がレゴブロックに変換されます

昔と違い様々な色のブロックがあり

結構綺麗に再現できる様です

legoizer3

下にスクロールすると必要なブロック数が

並んで表示されています

結構な数が要るみたいです

legoizer4

レゴで絵を作ってみたい方は

一度使ってみては如何でしょうか

  • コメント: 0

関連記事

  1. エンターテイメント

    地下神殿!! 首都圏外郭放水路がGoogleストリートビューで公開

    世界中の様々な場所を公開しているGoogleストリートビュー…

  2. エンターテイメント

    懐かしの3Dアートでオリジナルメッセージを作成できるWebサービス 『Make your own S…

    昔流行った3Dアート、ステレオグラムでオリジナルのメッセージテキストや…

  3. エンターテイメント

    自分があと何日、何年生きれるのかが分かるWebサービス 『this much longer』

    自分の誕生日と何歳まで生きたいのかを入力するだけで生涯の残り日…

  4. エンターテイメント

    独特な世界観な間違え探しゲーム EVOKE

    独特な雰囲気な間違え探しゲームでブラウザで遊ぶことが出来るので…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP