Tips

Youtube アクセス数アップを伝授 実際に試してみました 後編

最近は写真だけで無くビデオも手軽にインターネットで扱えるようになり

私の長男5歳もYoutubeでオモチャなどの動画を見たり

好きなマンガの歌を聴いたりしてます

Youtube投稿者にとってはアクセス数を伸ばして

パートナーシップになるとか目標があると思います

アクセス数アップに役立ちそうな情報を集めてみました

youtube logo

1 アノテーションを活用

まず下の動画を見て下さい

右上に私のもう一つのブログのタイトル「こどもマップBlog」と表示されていると思います

アノテーションと言ってYoutubeの動画にテキストやマイチャンネルへの誘導が出来ます

これを使えば直接動画のアクセスに繋がらなくても

マイチャンネルへの誘導をして自分の他の動画への誘導も出来ます

また、URLなどのテキストを記載すればHPやブログへの誘導も出来ると思います

アノテーションは動画の編集の中にあります

2 なるべくHD動画や高音質で動画をアップする

基本といえば基本ですが、最近は地デジも進み高画質化が著しいと思います

Youtubeに限ったことではありませんが、人に動画を紹介する際などは

出来るだけ画質の良いものを紹介したりしませんか?

一度見てもらうだけでなく、何度も見てもらえる様に

動画の質を高めましょう

3 動画のタイトルや説明に工夫を

動画の情報というのはタイトルや説明からでしか検索エンジンとして働かないはず

タイトルや説明に記載した文章は検索に大きく関わって来ると思います

但し、日本だけに視野が狭くなっていませんか??

海外の面白いYoutube動画を見たことあると思います

無論、海外の方も日本の動画を検索する際に英語でタイトルを表記すれば

英語で検索した方も見てもらえる可能性があると思います

下記動画は一例ですが、タイトル、説明、タグに英語をつけています

4 ブログやHPで自分の動画を紹介する

こちらも基本中の基本ですが、ブログやHPで写真よりも動画の方が

素材として分かりやすいので、ついつい動画を再生してしまうというのを狙ってみる

というのも手かと思います

5 マイチャンネルを整備する

マイチャンネルを整備するとチャンネル登録してもらえるかも知れません

テーマなどもダウンロード出来ますので、一度してみては如何でしょうか

下記が実践してみたマイチャンネルです

マイチャンネルの変更手順

設定方法

ダウンロードするテーマが決まれば

ダウンロードボタンの上にClick to view the settings

と書かれた項目がありますので

その通りにYoutubeのマイチャンネルの設定をして下さい

「マイチャンネル」→「テーマと色」→「新しいテーマ」

image

image

ここの設定値を先程のテーマの「Click to view the settings」で表示される内容と

同じにします

image

背景画像を決めたテーマのダウンロードした画像を読み込めば完了です

もし良ければマイチャンネルを登録して下さい。。

こちらからも登録しますので

動画を通じて交流をしませんか??

これで動画のアクセスアップに繋がると思います

ご参考になれば

関連記事

  1. Tips

    【Tips】アドレスバーからTwitterへつぶやける Chrome標準機能で楽々投稿

    Twitterへの投稿、つぶやきをChromeのアドレスバーから…

  2. Tips

    Gmailで迷惑メールを自動的に削除するルール設定方法 受信トレイなどをスッキリしよう

    昨日の記事にて迷惑メールのオンパレードになってしまった迷惑メールフォル…

  3. Tips

    【Tips】 Gmailで迷惑メールを自動的に削除する方法

    Gmailでは自動でスパムメールなどを振り分けてくれる機能がありますが…

  4. Tips

    Windows8を仮想環境にインストールしてみました VirtualBoxにて64bit版の導入手順…

    何かと話題なWindows8がもうすぐ出るという事で雑誌等では…

  5. Tips

    Google Blogger 表示速度のアップ改善の方法 カスタマイズ方法を紹介 navbar非表示…

    このブログもBloggerを使っていますが若干表示速度が遅いよ…

  6. Tips

    Freesoft Blogger 5分でブログの始め方 簡単ブログ始めませんか??

    みなさんもブログをやってみたい・・・って方も多いと思います…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP