CSSファイルの圧縮でサイトの表示速度はどれだけ変わるのか実験



このブログで実験してみました

CSSの圧縮でサイトの読込速度の短縮に繋がるのかを実験してみました

ちゃんと効果はあるようで期待した結果が出ました。

css11

実験に使用したCSSの圧縮サービスが

Online JavaScript/CSS Compression Using YUI Compressor

こちらのサービスを利用してCSSの圧縮をしてみました

 

圧縮の仕方

css5

①一番上の赤枠 Filesを選択

②ファイルを選択でCSSファイルを読込ます

③File Type 「CSS」にして

④Compressをクリック

これで表示されたソースをCSSに書き込んで完了です

css2 css1

左から右の様にCSSファイルが出来ます

改行など無駄なコードも全て無くなりますので

人間は見にくいですが、機械は読みやすい様です。

 

実際に圧縮前と圧縮後の計測

css3 css4

 

 

左が圧縮前 右が圧縮前

layouts.css は大きなCSSファイルでは無いので誤差範囲内の結果しか出ませんでしたが

Core.cssは非常に効果がありました

1110ms  → 652ms  と大幅に時間短縮できました

サイト全体で全てのファイルを圧縮や最適化をすればまだまだ

サイトの表示スピードの改善は出来そうです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Web制作ツール

    AIで配色パターンを提案しまくってくれるWebサービス 『Colormind』 写真からも配色を作っ…

    人口知能で配色パターンを生成したりアップロードした写真からパタ…

  2. Tips

    Windows標準のタスクバーにショートカットを配置すればオシャレで便利に!?

    Windows標準のタスクバーによく使うプログラムのショートカ…

  3. Web制作ツール

    ブラウザ上で作った3DモデルがCSSで書き出せるWebサービス!? 『Tridiv』

    ブラウザ上で作った3DモデルをHTMLとCSSで書き出せるWebサービ…

  4. Web制作ツール

    Web制作に便利!!ボタンやタイトルロゴが作れるネットサービス 日本語にも対応しています CoolT…

    Web制作に便利なタイトルロゴを作ったり、ボタンを作ったり出来るネット…

  5. Tips

    Facebookのページの作成方法 意外に簡単に作成可能です

    私がよく参考にしているブロガーさんもFacebookページをお持ちのよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2013年 2月 01日
    トラックバック:PandaNoir

PAGE TOP