6回で全て繋がる!? Wikipediaで6回のリンクで何でも繋がる様子が分かるWebサービス 『Six Degrees of Wikipedia』

6回のステップで全ての物に繋がるという

6次の隔たりをWikipediaで体験できる

面白いWebサービス

色々な言葉で試す事ができます

sixdegrees4

Six Degrees of Wikipedia リンク先はこちらから

 

sixdegrees1

左と右に英語で単語を入れてGo!を

クリックするとWikipediaページのリンクを

たどって繋がりを表示してくれます

 

sixdegrees2

CPUとJapanを入れてみました

すぐにつながっているようで簡単に表示されました

 

sixdegrees3

一見繋がりが無いようでも

リンクで簡単につながっているのが

すぐに分かるWebサービス

なかなか面白いのでぜひ

試してみては如何でしょうか

  • コメント: 0

WebページのSEOやPWA対応状況をChromeでチェックできるChrome拡張機能 『Lighthouse』前のページ

動画に字幕を簡単に付ける事ができるWebサービス 『Kapwing』次のページ

関連記事

  1. エンターテイメント

    キーボード上で手書きができる!? 今年もGBoardは楽しい!!

    毎年、物理フリックやプチプチバージョンなどエイプリルな入力デバ…

  2. エンターテイメント

    白熱なドンパチなサバイバルゲームが楽しめるWebゲーム 『surviv.io』

    銃や手榴弾など様々な武器を集めてフィールドで撃ち合いをして勝ち…

  3. エンターテイメント

    匿名でお題を投稿!! 議論や様々な意見が聞けるWebサービス 『みくぽん』

    匿名でお題を投稿したり、お題に対して意見、議論などができるWebサ…

  4. エンターテイメント

    仮想美術館 Google Art Project 世界中の美術館を探索できる面白いネットサービス

    世界中の美術館・作品を見る事が出来るネットサービス美術館の探索…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP