6回で全て繋がる!? Wikipediaで6回のリンクで何でも繋がる様子が分かるWebサービス 『Six Degrees of Wikipedia』

6回のステップで全ての物に繋がるという

6次の隔たりをWikipediaで体験できる

面白いWebサービス

色々な言葉で試す事ができます

sixdegrees4

Six Degrees of Wikipedia リンク先はこちらから

 

sixdegrees1

左と右に英語で単語を入れてGo!を

クリックするとWikipediaページのリンクを

たどって繋がりを表示してくれます

 

sixdegrees2

CPUとJapanを入れてみました

すぐにつながっているようで簡単に表示されました

 

sixdegrees3

一見繋がりが無いようでも

リンクで簡単につながっているのが

すぐに分かるWebサービス

なかなか面白いのでぜひ

試してみては如何でしょうか

  • コメント: 0

WebページのSEOやPWA対応状況をChromeでチェックできるChrome拡張機能 『Lighthouse』前のページ

動画に字幕を簡単に付ける事ができるWebサービス 『Kapwing』次のページ

関連記事

  1. エンターテイメント

    1行で小説が読める!? 1行で表示された小説が読みやすいWebサービス 『一行文庫』

    小説や文学作品が1行で読めるというちょっと変わったWebサービス。…

  2. エンターテイメント

    入力した文字をGoogle検索から探して画像にしてくれるWebサービス 『Google Type』

    入力した文字を画像に置き換えて表示してくれるWebサービス表示…

  3. エンターテイメント

    楽しい!! 自動翻訳で世界中の人とチャットができるWebサービス 『ablo』

    世界中の人とチャットが出来るWebサービス言語の壁は自動翻訳によっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP