6回で全て繋がる!? Wikipediaで6回のリンクで何でも繋がる様子が分かるWebサービス 『Six Degrees of Wikipedia』

6回のステップで全ての物に繋がるという

6次の隔たりをWikipediaで体験できる

面白いWebサービス

色々な言葉で試す事ができます

sixdegrees4

Six Degrees of Wikipedia リンク先はこちらから

 

sixdegrees1

左と右に英語で単語を入れてGo!を

クリックするとWikipediaページのリンクを

たどって繋がりを表示してくれます

 

sixdegrees2

CPUとJapanを入れてみました

すぐにつながっているようで簡単に表示されました

 

sixdegrees3

一見繋がりが無いようでも

リンクで簡単につながっているのが

すぐに分かるWebサービス

なかなか面白いのでぜひ

試してみては如何でしょうか

  • コメント: 0

WebページのSEOやPWA対応状況をChromeでチェックできるChrome拡張機能 『Lighthouse』前のページ

動画に字幕を簡単に付ける事ができるWebサービス 『Kapwing』次のページ

関連記事

  1. エンターテイメント

    Webで対戦型ゲーム!! ついつい熱くなる戦車ゲームが面白い 『TANX』

    Web上で他のプレイヤーと戦える戦車ゲームHTML5で再現され…

  2. エンターテイメント

    ロマン!! ファンタジーな地図を自動生成してくれるWebサービス 『Fantasy Map Gene…

    ゲームや古代な雰囲気漂うファンタジーな地図を自動生成してくれる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP