サイトで使われているサービスやCMSなどを検出してくれるChrome拡張機能 『Wappalyzer』

Webサイトで使用しているサービスやライブラリ

CMSやアクセス解析ツールなどを検出して

表示してくれるChrome拡張機能

非常に多くのツールをサポートしているようです

wappalyzer5

Wappalyzer インストール先はこちらから

インストール

wappalyzer1

上記リンク先ページの

「Install the browser extension」をクリックします

wappalyzer2

ブラウザに合わせてInstallをクリックします

wappalyzer3

Chromeの場合はこの様な画面が表示され

拡張機能を追加をクリックすれば

インストールされます

レビュー

wappalyzer4

このブログを表示してみました

しっかりと使われているCDNやサービス

WordPressなどのCMS、PHPなどのプログラムなどを

表示してくれます

気になるサイトがある場合などに便利な拡張機能です

  • コメント: 0

快感!! ソリティアをクリアした時の喜びを簡単に味わえるWebサービス 『Winning Solitaire』前のページ

写真を解析して何が移っているかを当ててくれるWebサービス 『CaptionBot』次のページ

関連記事

  1. 言語・開発

    ネットワーク図やフロー図が作成出来るChromeアプリ 「LucidChart」 チームで共同作業も…

    ネットワーク図やフローチャート図などを作成出来るChromeアプリ…

  2. 言語・開発

    新しいタブにHTML/CSS/JavaScriptの実行環境ができるChrome拡張機能 『HTML…

    HTMLやJavascriptの実行環境を新しいタブで出来るように…

  3. 言語・開発

    WebページのSEOやPWA対応状況をChromeでチェックできるChrome拡張機能 『Light…

    サイトの表示速度などのパフォーマンスやPWA対応状況などを確認…

  4. 言語・開発

    Google Analyticsが導入しているか分かるChrome拡張機能 導入時などに便利 Ana…

    表示したページがGoogleAnalyticsを導入しているかどうかが…

  5. 言語・開発

    Chromeをスマホ環境にしてくれるChrome拡張機能 『Ripple Emulator』

    モバイル端末の選択や各種情報、GPS情報などを設定してChro…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP