GPSデータGPX・TCXファイルをGoogleマップや画像表示してくれるWebサービス 『GPS Visualizer』

RuntasticやStrava、Garminなどのデバイスで

マラソンやサイクリングなどの軌跡を取っている方も

多いと思いますが、そのGPSデータを画像や地図表示

GoogleEarthデータに変換してくれるWebサービス

なかなか便利ですよ

gpsvisual6

GPS Visualizer リンク先はこちらから

使い方

gpsvisual1

まずはファイル選択にてGPXファイルやTCXファイルを

選択して開きます

GPSファイルなら色々と対応しているようです

gpsvisual2

次に出力形式を選択します

Google MapsはGoogleマップに表示します

Google EarthはGoogleEarth用のKMZとして出力します

他にも画像形式などに変換が可能です

GO!をクリックします

gpsvisual3

以前に奈良を自転車で走った時の記録です

Googleマップ上で綺麗に表示されます

gpsvisual4

画像形式ではこの様な出力になります

ちょっと殺風景な地図ですが見やすいです

gpsvisual5

GoogleEarthを選択するとKMZファイルが

ダウンロード出来ますので

ファイルリンクをクリックしてダウンロード出来ます

gpsvisual7

自転車で琵琶湖一周した時の記録

GPS、TCXを簡単に地図表示、変換できる

便利なWebサービスです

  • コメント: 0

一定時間でモニター電源をオフにしてくれるフリーソフト 『MonitorOffTimer』前のページ

写真をイイ感じに加工できるChromeアプリが面白い 『polarr』次のページ

関連記事

  1. ツール

    自由にパーツを選択してフラットデザインなアバターを作成できるWebサービス 『Hexatar』

    6角形のフラットなデザインの顔をWeb上で作成できるWebサービス…

  2. ツール

    書いたコード、文字をそのまま画像にしてくれるWebサービス 『Codeimg.io』

    入力したソースコードや文字をオシャレなウィンドウに表示して画像化し…

  3. ツール

    ビデオチャットしながらお絵かき、ホワイトボードを自由に使えるWebサービス 『Draw.Chat』

    ビデオチャットや音声チャットしながらお絵かき、ホワイトボードを自由…

  4. ツール

    自分の運動、アクティビティを地図で表示してくれるWebサービス 『Strartwork』 STRAV…

    自分の走った軌跡、運動した軌跡の記録にSTRAVAを使っている…

  5. ツール

    どこでも文字が読み取りできる簡単なOCRソフト 『NormCap』

    画面上のどこでも文字が読み取れるOCRソフト「NormCap」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

こんな人が書いてます

子供のころからパソコンや電子機械が好きでコンピュータ専門学校を卒業後にIT関連企業に勤めております。

企業や個人のネットワーク構築やパソコントラブル対応、ホームページ制作、システム開発などITに関する仕事を数多く対応しています。

Twitterでこのブログの投稿や日々の出来事などをつぶやいています。Twitter:@mogeringo

最近の記事

PAGE TOP