Tips

Tips WindowsXPの設定だけでOSの動作を軽快にしよう!

今回はフリーソフトを使わずに設定だけでOSの動作を軽くしよう
という事でその方法をご紹介します
これらの実施でメモリを数メガは確保できると思います

1

まず「マイコンピュータ」を右クリック

2
出てきたメニューの一番下「プロパティ」

3
システムプロパティ内の上のタブの「詳細設定」
パフォーマンス内の「設定」をクリック

4
ここで上記の2つだけにチェックを入れます
視覚効果の設定ですが普段のデスクトップの見栄えで
影響の少ない所は外します

そのまま上のタブの詳細設定
5
上記図のようにチェックを入れて
右下の「変更」をクリック

6
ページングファイルのサイズを設定できる画面になります
ページングファイルの容量をPCのメモリの2倍に設定します
メモリ512MB → 1024
メモリ1GB → 2048
メモリ2GB → 4098
という感じで「初期サイズ」「最大サイズ」も同じ値にします
尚、メモリの容量が分からないという方は
マイコンピュータを右クリックの「プロパティ」で
システムのプロパティ (先程の画面で確認できます)
7
一番下に出てきている
0.99GBがメモリの容量です(実際の容量より少なく表示される場合があります)
この場合は1GBですので
ページングファイルの容量は2048と設定してます
ページングファイルの容量の設定が完了したら
「設定」を押して「OK」をクリック

8
「詳細設定」の右下の「エラー報告」をクリック
上記画面の様に設定して「OK」で閉じます

9
システムのプロパティ内「システムの復元」
一番上の「復元を無効に・・」のチェックを入れます
これでシステムの復元は無効になりますが
HDDの容量、ドライバーやアプリケーションのインストールが早くなります
頻繁にシステムの復元を使われている方にはオススメできません

一番下の「OK」を押してシステムのプロパティを閉じてください
ここで一度再起動を聞いてきますが
後ほど一緒にしますのでここでは再起動はしないで下さい

10
次にスタートボタンの上で右クリック
「プロパティ」

11
メニューを「クラシック」にします
右の「カスタマイズ」をクリック

12
一番下の「頻繁に・・・」のチェックを外します
「OK」で閉じます

13
次に上のタブの「タスクバー」を選択
上記の設定にして一番下の「OK」ボタンをクリック

14
デスクトップの背景部分で右クリックの「プロパティ」

15
画面のプロパティが出てきますので上のタブの「デスクトップ」
下の「デスクトップのカスタマイズ」をクリック

16
一番下の「60日ごとに・・・」をチェックを外します

17
次に上のタブの「デザイン」
「ウィンドウとボタン」をクラシックにすると以前のスタイルに
なります。 Windows2000の様な画面になりますが
パソコンの動作はかなり速くなります

18
最後に上のタブの「設定」
右の画面の色を「16ビット」にします
壁紙やアイコンの表現が少し雑になりますが
ほとんど変わらないと思います
この画面の色の設定でのメモリのリソースの違いを比較して見ます

19 20
左が32Bit 右が16Bit
2メガ程変わります
最後に再起動して完了です

以上がフリーソフトを使わない軽量化作業ですが
トータルで20メガ程メモリを確保できる場合もありますので
是非実施してみて下さい

注意(これらの作業は各自自己責任でお願いいたします)

関連記事

  1. Tips

    【Tips】Youtubeのホットキー!! 覚えておくと便利ですよ

    多くの方が利用しているYoutubeWeb上で手軽に再生できる…

  2. Tips

    VCFファイルのGoogle Gmailへの変換、Androidへの取り込み方

    携帯がAndroidへ変わったきっかけに連絡先の転送をした際に…

  3. Tips

    【Tips】よく使うリモート接続はショートカットを作成しておけば作業が捗りますよ

    仕事などでよく使うリモートデスクトップ接続ですが毎回繋ぐ度にI…

  4. Tips

    Google Blogger 表示速度のアップ改善の方法 カスタマイズ方法を紹介 navbar非表示…

    このブログもBloggerを使っていますが若干表示速度が遅いよ…

  5. Tips

    【Tips】ブログ投稿は何時が良いのか??

    私も以前に気になったブログの投稿時間日々の更新で記事の投稿時間…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP