Chromeで2画面分割表示ができる拡張機能 縦、横可能な『Frame two pages』



通常Chromeでは1タブ1画面となっていますが

この拡張機能を使えば1タブ2画面と表示可能になります

縦分割、横分割と指定する事も出来て見やすい様に出来ます

ディスプレイサイズが大きい方や常に表示したいWebページがある場合などに

便利な拡張機能です

chromeframe2

Chrome拡張機能 Frame two pages インストール先はこちらから

使い方

chromeframe1

インストールされると左上にアイコンが追加されますので

複数タブを開いた状態でクリックします

1が縦分割、2が横分割となります

OKをクリックします

chromeframe3

横分割で表示してみました

複数のページを一画面で見るのはなかなか便利です

chromeframe5

ページ指定方法は若干クセがあり

左2つタブまでが2画面として表示されるようです

この辺りは使い慣れるしか無さそうです

chromeframe4

開くタブが無い場合はこの様が画面が表示されます

URLを入力すれば好きなページを開く事が出来ます

真ん中の仕切りをドラッグすると幅も変える事が出来ますので

例えばTwitterのタイムラインを表示しておいたり

天気予報などを表示したりと

色々な便利な使い方が出来そうです

  • コメント: 0

関連記事

  1. Chromeツール

    サイトに訪れた回数が週間で見れるChrome拡張機能 『Back Again?』

    サイトに訪れた回数を週間で表示してくれるChrome拡張機能…

  2. Chromeツール

    拡張機能の安全性をチェックしてオンオフできるChrome拡張機能 『Extension Police…

    Chrome拡張機能の安全性をチェックしてすぐに拡張機能のオン…

  3. Chromeツール

    Chromeの1週間の統計を表示してくれるChrome拡張機能 『Surfkollen』

    Chromeの履歴を解析して1週間の統計をカラフルな画面に表示…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP