指定したページで使われているキーワードを視覚的に表示する 『Bubble My Page Visualization』



Webページ内のキーワードを視覚的に面白く表示してくれるWebサービス

自分のブログやHPなどでURLを入力するだけで表示可能です

アーカイブページなどを指定すれば傾向なども分かり役立ちます

日本語の認識はしないようで英語のみですが

面白いWebサービスだったのでご紹介

infocaptor2

Bubble My Page Visualization リンク先はこちらから

使い方

infocaptor1

使い方は簡単で表示したいページのURL

出力結果の解像度を指定するだけです

入力したら「Visualize」をクリックします

infocaptor3

大きな円はキーワードを沢山使っているという意味になります

逆に小さいとあまり使っていないキーワードという意味になり

視覚的に分かりやすく表示されています

タグクラウドみたいな感じです

infocaptor4

自分の傾向が分かる面白いWebサービスです

  • コメント: 0

関連記事

  1. Web制作ツール

    デザインの配色に困った時に役立つネットサービス Kuler 様々な色の組み合わせがあり、色の見本帳

    サイトの配色デザイン・その他色々な配色を決める際に 様々な色の組み合…

  2. Web制作ツール

    指定サイトをモバイルで見たコストを教えてくれるWebサービス 『What Does My Site …

    指定したURLを解析してモバイルネットワークでのコストを教えて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP