指定したページで使われているキーワードを視覚的に表示する 『Bubble My Page Visualization』

Webページ内のキーワードを視覚的に面白く表示してくれるWebサービス

自分のブログやHPなどでURLを入力するだけで表示可能です

アーカイブページなどを指定すれば傾向なども分かり役立ちます

日本語の認識はしないようで英語のみですが

面白いWebサービスだったのでご紹介

infocaptor2

Bubble My Page Visualization リンク先はこちらから

使い方

infocaptor1

使い方は簡単で表示したいページのURL

出力結果の解像度を指定するだけです

入力したら「Visualize」をクリックします

infocaptor3

大きな円はキーワードを沢山使っているという意味になります

逆に小さいとあまり使っていないキーワードという意味になり

視覚的に分かりやすく表示されています

タグクラウドみたいな感じです

infocaptor4

自分の傾向が分かる面白いWebサービスです

  • コメント: 0

IMEの状態を色で教えてくれるフリーソフト テキストエリアに視覚的に分かる 『akinosign』前のページ

Googleリーダ同期可能!! デスクトップにオシャレにRSSを表示してくれるフリーソフト 『Snackr』次のページ

関連記事

  1. Web制作ツール

    ローディング画像を生成してくれるWebサービス ajaxload.info 直ぐにGifアニメでダウ…

    ローディング時に表示される画像、くるくる回る画像などを生成して…

  2. Web制作ツール

    サイトのSEO診断してくれるWebサービス SEOが気になる方は試してみては 『BIGWebstat…

    Webサイトの様々な情報をURLを入力するだけで教えてくれるWebサー…

  3. Web制作ツール

    広告も無しなレンタルサーバーが無料!? MySQLや独自ドメインも可能なサービス 『TSoft Se…

    無料でレンタルサーバーが利用できるというサービスを発見したのでご紹介…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP