Web制作ツール

ホームページの横幅に迷ったらここを見れば参考になるかも「主要WEBサイトの横幅まとめ一覧」

ホームページ制作において横幅というのは意外と迷うものです

私の作ったWebページ「こどもマップ」ではユーザのディスプレイの解像度に

自動調整するように幅一杯に表示するようにしていますが

当初は900px~950pxで作っていたと思います

今日ご紹介するサイトは「主要WEBサイトの横幅まとめ一覧」

迷った時に参考になる主要サイトの横幅が一覧で見ることが出来ます

webwidth1

主要WEBサイトの横幅まとめ一覧 リンク先はこちらから

なかなか便利な表で横幅だけで無くサイト作りの参考になるサイトばかりです

こうやって見ていくと主流は720px~1280pxが多いようです

webwidth3

StatCounterで調べてみると日本では1280以上の解像度が殆どの様です

横スクロールするサイトが非常に使いにくいという感覚があるからだと思います

1280px – (スクロールバーの幅 17px) – ( その他お気に入り表示項目 200px前後) = 1000px強

となります

webwidth2

つまり余裕を見て950pxというのが現在では一番多くなるという感じでしょうか。

現在売れ行きのはワイドディスプレイ(価格コム調べ)で1920*1080が多くなって来ているので

近い将来は横幅が大きくなっていくと思います

関連記事

  1. Web制作ツール

    ホームページサイトの表示時間のスピード改善 速度アップに役に立つサイトwebwait

    最近この「PCあれこれ探索」のブログやこどもマップBlogこど…

  2. Web制作ツール

    クリエイター向けなWebサービスを紹介するWebサービス 『Startup Stash』

    デザインやWebツールなどをWebサービスを紹介しているWeb…

  3. Web制作ツール

    サイトがレスポンシブデザインに対応かを調べる事が出来るWebサービス 『Am I Responsiv…

    様々なデバイス、画面解像度からのアクセスに自分のサイトが正常に…

コメント

    • WUXGA
    • 2012年 11月 28日

    毎年こういうのを知りたく、検索してますが、
    今まで読んだ中で一番参考になりました。かも。
    主要サイトでも幅は細かく異なってるんだな~、と。
    StatCounterも最新のが見られるからいいですね。

    • コメント頂き有難う御座います
      ご参考になり何よりです。
      Web制作者には非常に有益な情報だと思います
      初めて見たときは私もビックリしまして
      世間の動向が見える気がしました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP