CPUやネットワークを監視して条件付きでスリープモードにしてくれるフリーソフト『SleepTool』



CPUやネットワーク、ディスクの書き込み量などを監視して

設定した条件を満たした場合に、かつマウスキーボードからの入力が無ければ

スリープしてくれるというフリーソフト

例えばCPU使用率が10%以下でディスク書き込み量が1MB/s以下だった

場合はスリープにするという風にスリープモードへの条件を付けることができます

Windows XP / Vista / 7 (64bit動作確認) 対応

sleeptool31

SleepTool ダウンロードはこちらから

インストール

sleeptool1

ダウンロードしたファイルを解凍すれば実行できますが

スタートアップ等への登録は自分でしなければなりません

使い方

sleeptool2

起動するとタスクトレイに常駐します

sleeptool3

メニューはシンプルになっていて設定はすぐに分かると思います

sleeptool4

CPU使用率などを設定してスリープ移行時間を設定すれば完了です

レビュー

サーバー用途やダウンロード完了後などにスリープするといった感じでも

使えます。ネットワーク監視などは上級な設定になるかも知れませんが

細かく設定すると省エネになると思います

  • コメント: 0

関連記事

  1. ユーティリティー

    ササッと隠せる!! 瞬時に特定のウィンドウだけを隠せるフリーソフト 『Hiddex』

    瞬時に指定した特定ウィンドウを隠してくれるフリーソフト例えばC…

  2. ユーティリティー

    タスクトレイにプロセス数を表示してくれるフリーソフト 『ProcessCounter』

    タスクトレイにプロセス数を表示してくれるフリーソフト非常にシン…

  3. ユーティリティー

    マウスやキーボードの操作を記録して操作を自動化できるフリーソフト 『Mouse Recorder P…

    マウスやキーボード入力の操作を記録して操作を自動化できるフリー…

  4. ユーティリティー

    USBメモリを読込不可、読込専用に出来るフリーソフト 『Phrozen Safe USB』

    パソコンに接続したUSBメモリを読込不可または読込専用にしてし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP