ユーティリティー

CPUやネットワークを監視して条件付きでスリープモードにしてくれるフリーソフト『SleepTool』

CPUやネットワーク、ディスクの書き込み量などを監視して

設定した条件を満たした場合に、かつマウスキーボードからの入力が無ければ

スリープしてくれるというフリーソフト

例えばCPU使用率が10%以下でディスク書き込み量が1MB/s以下だった

場合はスリープにするという風にスリープモードへの条件を付けることができます

Windows XP / Vista / 7 (64bit動作確認) 対応

sleeptool31

SleepTool ダウンロードはこちらから

インストール

sleeptool1

ダウンロードしたファイルを解凍すれば実行できますが

スタートアップ等への登録は自分でしなければなりません

使い方

sleeptool2

起動するとタスクトレイに常駐します

sleeptool3

メニューはシンプルになっていて設定はすぐに分かると思います

sleeptool4

CPU使用率などを設定してスリープ移行時間を設定すれば完了です

レビュー

サーバー用途やダウンロード完了後などにスリープするといった感じでも

使えます。ネットワーク監視などは上級な設定になるかも知れませんが

細かく設定すると省エネになると思います

関連記事

  1. ユーティリティー

    クリップボード拡張ソフトの決定版!! 履歴1000件保存可能で定型文まで管理可能な『Clibor』

    クリップボードの履歴を呼び出して他のアプリケーションでも利用できる…

  2. ユーティリティー

    PCに登録されているフォントを一覧表示してくれるAirアプリ 『Font Picker』

    PCに登録されているフォントを好きな文字で一覧表示してくれるA…

  3. ユーティリティー

    選択するだけでコピー、マウス操作で簡単貼り付けができるフリーソフト 「AutoClipX」

    文字列を選択してマウスホイールをクリックで簡単にコピー貼り付け…

  4. ユーティリティー

    色々なツールが詰まったPCメンテナンスフリーソフト IObit Toolbox オシャレで格好良いG…

    20以上のPCのメンテナンス・問題修復ツールの入ったフリーソフト…

  5. ユーティリティー

    コマンドプロンプトに機能追加して快適にしてくれるフリーソフト 『Clink』 貼り付けも簡単

    コマンドプロンプトを多用する人には便利になるフリーソフト文字列…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP