*

WordPress Vicuna2.0.3でStyle-Futureを使う際の注意点・カスタマイズ

公開日: : 最終更新日:2011/02/18 Wordpress

現在このブログのテーマを変更作業しています

有名なWP-Vicunaで仮のブログを作ってそちらで作業していますが

VicunaのスキンでStyle-Futureというのが在るのですが

これを使うのに色々と調整が必要です

スキンの選択画面に出てこないとか

標準でcssの記述が間違っている所がありましたので

ご紹介

image

まずSkin内のlayouts.cssを1点調整

css内の先頭部分

@charset "UTF-8";
/*
Skin Name: Future Skin - Layout Module
Author: vicuna.jp
Layout Class: single, double
Eye Cach Class: eye-u, eye-c, eye-h, eye-hb
Set Class: double eye-u
Fixed Width Class: f800, f850, f900, f950, f1000
*/

この部分を下記の様に変更

@charset "UTF-8";
/*
Skin Name: Future Skin - Layout Module
Author: vicuna.jp
- Layout: single, double
- Eye Catch: eye-u, eye-c, eye-h, eye-hb
- Fixed Width: f800, f850, f900, f950, f1000
*/

これで管理画面でStyle-Futureを選択出来るようになります

もう一点がcore.cssの編集

RSS部分がdoubleにした際にはみ出てしまう現象とrssの画像が出てこないと言う現象の改善

core.css内の880行目

/* Feeds
---------------*/

div#utilities dl.others dd ul.feed {
	list-style-type: none;
}

div#utilities dl.others dd ul.feed li {
	margin-left: 10px;
}

div#utilities dl dd ul.feed li a {
	padding-left: 20px;
	background: url(images/icon/icon_feed.gif) no-repeat;
}

この部分を下記の様に変更します

/* Feeds
---------------*/
div#utilities dl.others dd.feed ul {
	list-style-type: none;
}

div#utilities dl.others dd.feed ul li {
	margin-left: 10px;
}

div#utilities dl.other dd.feed ul li a {
	padding-left: 20px;
	background: url(images/icon/icon_feed.gif) no-repeat;
}

これで表示のズレや画像もちゃんと出てきます

ご参考になればと思います

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

    • Info (64)
    • Tips (129)
    • 市販ソフト (8)
    • 解決 (85)
    • 技あり (8)
    • 比較 (14)
    • Wordpress (15)
    • ハードウェア レビュー (26)
    • Windows8アプリ (2)
    • 美しいデスクトップを求めて (13)
    • Freesoft ゲーム (11)
    • 未分類 (1)



PAGE TOP ↑