URLのパラメータだけでグラフを生成してくれるWebサービス 『QuickChart』

URLパラメータを指定するだけで様々なグラフを

作成できるWebサービス。

Webアドレスの後ろにグラフの種別やデータ数値を

入力するだけで簡単にWeb画面にグラフ生成してくれます。

quickchart5

QuickChart リンク先はこちらから

quickchart1

トップ画面には簡単に使い方のURLが表示されています。

https://quickchart.io/chart?c=」のURLアドレスの後ろに

様々なパラメータをつけてグラフ作成できます。

Get startedをクリックすると詳細な使い方を見る事が出来ます。

quickchart2

JSON形式で入力するとURLが生成されて

グラフが表示されます。

出力されたパラメータを見ると構造が分かるので

あとは自由に書き替えたりも可能です。

quickchart3

実際にURLで出力してみました。

Web上に簡単にグラフ表示出来ます。

quickchart4

BarをLineにグラフ種別を変更してみました。

エクセルなどよりもURLパラメータなどに慣れている方には

こちらの方が扱いやすいと思います。

覚えておくと便利なWebサービスです。

  • コメント: 0

無限に村を生成してくれるロマンあふれるWebサービス 『Village Generator』前のページ

動画を見てマップで場所を当てるゲームが面白いWebサービス 『City Guesser』次のページ

関連記事

  1. ツール

    ネットが遅い!? 不安定!! という時に安定性をチェックできるWebサービス 『みんなのネット回線速…

    ネットが遅い、不安定という時にネットの安定性をチェックできるWeb…

  2. ツール

    原寸で画像検索できるWebサービス サムネイルに騙されないぞ 『原寸画像検索』

    画像のサムネイルをクリックしたら意外に小さな画像だったりリンク…

  3. ツール

    書いたコード、文字をそのまま画像にしてくれるWebサービス 『Codeimg.io』

    入力したソースコードや文字をオシャレなウィンドウに表示して画像化し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP