情報

年代ごとに建築物工事中の犠牲者を確認できるWebサービス 『The Human Cost of Construction』

年代ごとに建築物の犠牲者数を確認できる

Webサービス

様々な歴史背景があるかとは思いますが

年代ごとに建築物、犠牲者数を見る事ができます

humancost1

The Human Cost of Construction リンク先はこちらから

humancost2

有名な建築物の1000人当たりの%などが表示されます

エンパイアステートビルはかなり数値が低いのが

分かります

humancost3

パナマ運河が数値がとんでもない事になっています

様々な歴史背景があるかとは思いますが

凄い死者数となっています

humancost4

エッフェル塔、建築物の歴史と共に

多くの方の犠牲もある事を再確認できる

素晴らしいWebサービスです

関連記事

  1. 情報

    NHK調べの放射線量が分かるネットサービス 関東から東北までの地点での放射線量が分かります

    NHKのページにて各地の放射線量が分かるネットサービス地点ごと…

  2. 情報

    東日本震災で集められたお金の流れが分かる絵 Webサービスからの寄付金がよく分かる図

    震災で集められた寄付金が実際にどの様な経路で 集められているのかが分…

  3. 情報

    シンプルに雨が降るかを教えてくれるWebサービス 『Is it going to rain?』

    現在地の雨の確率を教えてくれる非常にシンプルなWebサービス…

  4. 情報

    Google Earthがパワーアップ!! Voyagerで世界中を観光できる!!

    GoogleEarthがパワーアップWeb版で見ることが可能に…

  5. 情報

    海外のフリーソフトなどを探すのに便利なサイト 膨大な数のフリーソフトが登録 CNET Downloa…

    このブログの記事ネタにもなっているサイトですが、ご紹介海外の有…

  6. 情報

    Windows10 発表イベント動画 新機能などをWebで確認出来ます

    マイクロソフトの新しいOS 「Windows10」の発表の様子…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP