年代ごとに建築物工事中の犠牲者を確認できるWebサービス 『The Human Cost of Construction』



年代ごとに建築物の犠牲者数を確認できる

Webサービス

様々な歴史背景があるかとは思いますが

年代ごとに建築物、犠牲者数を見る事ができます

humancost1

The Human Cost of Construction リンク先はこちらから

humancost2

有名な建築物の1000人当たりの%などが表示されます

エンパイアステートビルはかなり数値が低いのが

分かります

humancost3

パナマ運河が数値がとんでもない事になっています

様々な歴史背景があるかとは思いますが

凄い死者数となっています

humancost4

エッフェル塔、建築物の歴史と共に

多くの方の犠牲もある事を再確認できる

素晴らしいWebサービスです

  • コメント: 0

関連記事

  1. 情報

    あの日から4年 Google公開の「未来へのキオク」で震災を忘れない

    離れた地でくらす私には非常に早く感じる4年汚染水などの問題が今…

  2. 情報

    イタリア・ベネチアを観光出来るストリートビューの様なネットサービス Venice connected…

    イタリアのベネチアを観光出来るGogleストリートビューの様なネットサ…

  3. 情報

    アクセスするだけで情報がどれだけ漏れてるかを確認できるWebサービス 『確認君+』

    Webページにアクセスするだけでどれだけの情報が漏れているのか…

  4. 情報

    地図から高低差を調べる!! ウォーキングやサイクリングに便利なWebサービス 『ルートラボ』

    地図でルートを描いていくと高低差が分かるWebサービスウォーキ…

  5. 情報

    観光情報満載!! 自治体の観光情報をデータとして検索、API利用も可能なWebサービス 『公共クラウ…

    自治体の観光情報をオープンデータとして利用できるWebサービス…

  6. 情報

    Googleロゴがファスナーに 遊び心が面白い

    Googleのロゴで今日は何の日という事に最近気づく事が多いですが …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP