動的URLを静的URLへ変換するための.htaccessの記述を教えてくれるネットサービス

PHPやJavaScriptなどで時折、動的URLを使う場面があります

私が運営しているサイト こどもマップでも動的URLを使っていました。

例えば

http://mogeringo.com/index.html?data=1230

といったURLです

これを

http://mogeringo.com/data-1230.html

の様に変換させるには.htaccessに記述すれば

Mod_rewrite機能で変換する事が出来るのですが

その記述を手助けしてくれるネットサービスをご紹介

ニッチな情報かも知れませんが困る方も多いと思いますので

サンプル画像

UrlRewriting http://www.webconfs.com/url-rewriting-tool.php

上記リンク先より変換できます

 

使い方

rewrite1

URL欄に動的URLを入力します

rewrite2

http://mogeringo.com/index.html?data=1564

入力しましたらSubmitをクリック

rewrite3

すると変換後の静的URLのサンプルとその.htaccessの記述例が

表示されます

サンプルを見ながら目的のURLに変換する参考になると思いますので

是非活用してみて下さい

  • コメント: 0

あのレゴブロックで遊ぶ事が出来るソフト 子供と一緒に沢山のパーツから作ってみよう LegoDigital Designer前のページ

懐かし過ぎる Nifty-Serveが久々に体験できるネットサービス Welcom to NIFTY-Serve次のページ

関連記事

  1. 言語・開発・勉強

    レッスンをクリアしてタイピングをマスターできるWebサービス 『TypingClub』

    レッスンをクリアしていきタイピングをマスターできるWebサービス。…

  2. 言語・開発・勉強

    習うより慣れろ!? プログラミングを書いて体で覚える事ができるWebサービス 『SHAKYO.io』…

    プログラミングを理解しながら書いていくというよりタイピングのように…

  3. 言語・開発・勉強

    これは面白い!! プログラミングをゲームで覚えるWebサービス 『CodinGame』

    ゲームを作りながらプログラミングが学習できるWebサービス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP