HTMLコードをコピペするだけでCSSを書き出すWebサービス 『extractCSS』

HTMLコードをコピペするだけでCSSを

書き出してくれる「extractCSS」

CLASSやIDなどを自動で認識して

CSSコードを出力、書き忘れなどが減ります。

extractcss1

extractCSS リンク先はこちらから

extractcss2

左側ペインにHTMLコードを記述するか

貼り付けます。

記述はカーソルが少し見えにくいので

エディタなどで書いてからコピペが簡単です。

画面上部のExtract!というボタンを

押すとCSS出力してくれます。

extractcss3

長いHTMLコードなどになると

ついつい指定し忘れたり

IDやCLASSが間違って指定したりなどがあるので

非常に便利です。

ただしDIV内のクラスなど

div.div1 .danraku

要素まで考慮されたCSSは作成されないみたいなので

同じようなクラス名などを使う場合には注意が必要かも

知れません。

ちょっとしたHTMLを一から書き出す場合などには

とても便利なWebツールです。

  • コメント: 0

地図にルートを描いて文字や画像も追加して道案内できるWebサービス 『Felt』前のページ

日本中の色んな百選を紹介しているWebサービス 『日本百選 都道府県別データベース』次のページ

関連記事

  1. Web制作ツール

    登録不要!! IE5.5、IE6~IE10のサイト表示チェックが出来るWebサービス IENetRe…

    IEのサイトチェックに便利なWebサービスでURLを入力するだけで使え…

  2. Web制作ツール

    Webサイト制作に便利!! 画面サイズを確認出来るWebサービス 『Screenfly』 色々な解像…

    Webサイト制作時に何かと面倒な画面サイズの確認作業最近ではI…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

こんな人が書いてます

子供のころからパソコンや電子機械が好きでコンピュータ専門学校を卒業後にIT関連企業に勤めております。

企業や個人のネットワーク構築やパソコントラブル対応、ホームページ制作、システム開発などITに関する仕事を数多く対応しています。

Twitterでこのブログの投稿や日々の出来事などをつぶやいています。Twitter:@mogeringo

最近の記事

PAGE TOP