再び襲来!! Emotetウィルスにご注意、紛らわしいメールでやってきます。

再び襲来してきたEmotetウィルス。

紛らわしいメールでやってきます。

それらしい本文や署名、怪しい添付ファイル、

開く前にメールヘッダーを確認できるWebサービスを紹介。

emotet5

私のお客様の所に一件の怪しいメールが

届きました。

送信者名はいつも案内などが来るプロバイダ名ですが、

添付ファイルにxlsmとExcelのマクロファイルが

送信されてきました。

以前にもこのお客様にはEmotetウィルスが届いて

私が注意喚起をさせて貰っていたので

このメールが届いた時点でご連絡をもらいました。

これがいつも取引している企業名や担当者だったりすると

思わず開いてしまいそうなメールです。

以前には

「先日のお見積りの件」など色々と文言がついていたので

知らない方は開いてしまいそうになります。

emotet2

aguseリンク先はこちらから

このWebサービスでメールのヘッダー文章を

貼り付けるとどこから来たメールなのかを

調べる事ができます。

文章を読むとIPアドレスなど記載がありますが、

視覚的に分かりやすく教えてくれます。

emotet1

IPアドレスから送信者やプロバイダ、

経由地点やメールソフトなども教えてくれます。

emotet3

どうやらインドの方から送られてきているようです。

この時点で怪しいと判断がつきます。

emotet4

他にも各種機関やWebサービスでの

ホスト名によるチェックもしてくれますが、

判定結果はSafeとなっています。

感染源は現在感染したPCなどなので

こういうブラックリストには載らないのかも知れません。

非常に紛らわしくちょっとした本文が

添えられてるだけで開いてしまいそうです。

怪しいメールは

送信者名だけでなく送信者メールアドレスや

ヘッダーの確認までしてみると

被害を防げると思います。

  • コメント: 0

PCやスマホ用の膨大な壁紙をダウンロードできる探しやすいWebサービス 『WallpaperDog』前のページ

お散歩、観光に便利!! 徒歩〇〇分で行ける範囲が分かるWebサービス 『How far can I go?』次のページ

関連記事

  1. Tips

    意外に楽しめるぞ!! Youtubeで花火を楽しむ夏も

    Youtube動画で花火を楽しむというのが最近のマイブーム。コ…

  2. Tips

    Intel6 インテルがリコールSandy Bridgeに欠陥 各マザーボードメーカ対応状況

    インテルSandyBridgeのチップセット欠陥のリコールでそ…

  3. Tips

    10分で出来る!! 60言語に自動翻訳できるWebサイトを作る事が出来る便利な方法を紹介 Googl…

    Webサイトをたった10分で60もの多言語化出来る便利な方法です…

  4. Tips

    CSSファイルの圧縮でサイトの表示速度はどれだけ変わるのか実験

    このブログで実験してみましたCSSの圧縮でサイトの読込速度の短…

  5. Tips

    Windows10で.net Framework3.5をインストールする方法

    今回からWindows10に切り替わり心機一転いろいろなアプリ…

  6. Tips

    新しいOS!! 次はWindows10 Technical Preview版を動かしてみました

    次回のOS名称はWindows9かと思いきやWindows10…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP