TPM2.0って何!? より細かくWindows11の動作チェックができるソフト 『WhyNotWin11』

Windows11の動作要件を詳細に教えてくれるソフト。

CPUやDirectX、メモリやストレージなど

動作要件ごとにチェックします。

またTPM2.0の有効にする方法もご紹介。

whynotwin116

WhyNotWin11 ダウンロードはこちらから

ダウンロードと実行

whynotwin111

上記リンク先ページにEXEファイルの

ダウンロードリンクがあるのでクリックして

ファイルをダウンロードします。

whynotwin112

ダウンロードしたファイルを実行します。

whynotwin113

この様な警告画面が表示されたら

「詳細情報」をクリックします。

whynotwin114

実行ボタンが出てくるので

クリックすると起動できます。

レビュー

whynotwin115

起動すると早速、各要件をチェックして

緑、黄色、赤色と表示されていきます。

OKと表示された緑色は対応済みとなっています。

黄色はまだチェック中との事でこの後

ちゃんと緑色に変わりました。

赤色は対応できていないという表示で

上の画面だと2か所に問題があるようです。

私の場合「Secure Boot」と「TPM Minimum」という

項目がWindows11に対応できていないようです。

whynotwin117

スタートパネルより「セキュリティ プロセッサ」と

検索すると調べる事ができます。

TPMのバージョンが2.0が必須のようです。

BIOSの設定でTPMを有効に出来たり

モジュールを付けたりファームウェアの

アップデートで対応できる場合もあります。

自作、BTO機などはマザーボードメーカー

メーカー製PCはサポートページなどで

今後有効にする方法など記載されるかも

知れませんのでチェックしてみてください。

whynotwin118

ASUSの場合「詳細-Advanced」内の

「PCH-FW Configuration」にIntel PTTと

書かれた項目がTPMを有効にできました。

ご参考になればと思います

  • コメント: 0

Windows11の壁紙をダウンロードできるWebサービス 『FrontPageTech.com』前のページ

iPadやスマホでPCゲーム・Steamのゲームが遊べるSteamLinkで実際に遊んでみました次のページ

関連記事

  1. ハードウェア

    バッテリーの状態など詳細な情報を見る事が出来るフリーソフト Yuryu’s Batter…

    バッテリーの状態、フル充電容量や現在地など詳細な情報を知る事が…

  2. ハードウェア

    Webカメラが動体検知カメラに!Web配信なども出来る高機能なフリーソフト Msako

    USBカメラや市販のWebカメラが動体検知カメラとして機能する事が出来…

  3. ハードウェア

    PCのスペックを調べれる診断ソフト PC Wizard 自作の方も重宝します

    PCのスペックを調べるソフトというのはフリーソフトの定番ですが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP