ブラウザ

Google Chromeが13にバージョンアップしました。今回は何が変わったのか!? 実際に調べてみました

最近のブラウザの進化はすごく、毎月バージョンアップして行ってるように思います

現在メインで使っているChromeですが、またまたバージョンアップしました。

毎回あまり外観などが変わっていないので何がどう変わったのか主な追加内容を調べてみました

chrome131

バージョンアップの仕方

chrome132

実は起動時に勝手にダウンロードしてインストールされています

次回立ち上げ時に自動的に13になると思います

1 Instant pages機能の追加

検索結果に表示されるコンテンツを先読みしてユーザーがクリックした際に

瞬時に表示出来るようにする機能ですが、あらかじめこの機能を有効にする必要があります

chrome133 chrome134

「レンチアイコン」→「オプション」→「基本設定」→「インスタント検索を有効にして・・・」にチェックを入れる

検索結果からのページの表示が確かに速くなりました

2 印刷関連の機能の追加 PDFの印刷

chrome135 chrome136

印刷を押すと表示される印刷プレビューボタンに「PDFに保存」も出来る様になりました

カラーでも保存できるのでWebからのPDF化は非常に便利になりました

3 Omniboxの強化

過去からの履歴などで検索結果を上位に表示してくれたりと便利になりました

4 30件の脆弱性の修正

ソースはこちらから確認(英文)

レビュー

確実に進歩して行ってると思います。

IE9のGUIの変更などで「お気に入り」などが使いづらくなるといったアップデートは勘弁ですが

大きなGUIの変更などよりもこういった機能の利便性の向上の方が

愛用している方も助かると思います。

関連記事

  1. ブラウザ

    Chromeより速い!? 高速で標準で広告ブロックも搭載したブラウザ 『Brave』

    Chromeより速いブラウザで標準で広告ブロックやトラッキング…

  2. ブラウザ

    IE等の各ブラウザをサイズの固定や表示サイズを自由に設定できるフリーソフト Sizer

    IEなどで画面サイズが起動毎に変わってしまうホームページやブログの…

  3. ブラウザ

    Chromiumベース!! Web開発者向けの機能満載のブラウザ 『Blisk』

    Chromiumベースなブラウザで標準でモバイルエミュレーター…

  4. ブラウザ

    Firefoxベースで独自のセキュリティ機能搭載なWebブラウザ 『COMODO IceDragon…

    Firefoxベースで独自のセキュリティ機能を搭載したWebブラウザ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP