ランサムウェアで暗号化されたファイルを複合化できる!? 復号ツール『Decryptor for TeslaCrypt Ransomware』

ランサムウェアによって暗号化されてしまったファイルを

複合化できるツールをESETが公開しました

これにより.xxxや.mp3などの拡張子ファイルなどを

元に復号できるようです

eset61

Decryptor for TeslaCrypt Ransomware ダウンロード

実行方法

eset1

上記リンク先ページよりダウンロードした

ファイルを実行します

eset2

この様なメッセージが表示されますので

「Agree」をクリックします

eset3

ダウンロードしたファイルを右クリックにて

ショートカットの作成をします

eset4

新しくできたショートカットファイルを右クリックして

プロパティを選択します

eset5

ショートカットタブの「リンク先」の項目に

上記のように「・・・・.exe c:」という風に

検索したいドライブを書き入れます

eset8

互換性タブより「管理者として・・」に

チェックを入れておきます

これでOKを押して閉じて準備完了です

eset6

ショートカットを実行するとこの様な画面が

表示され指定したドライブ内の暗号化された

ファイルを検索します

eset7

感染するのも怖いので、試していませんが

検出された場合は画面の指示に従って

復号化が出来るようです

上記の画面は特に検出されなかった場合です

もしもの時は使ってみては如何でしょうか

  • コメント: 0

Windows10の自動アップデートを止めてくれる、案内も止めてくれるフリーソフト 『GWX Control Panel』前のページ

OpenStreetMapを自由にカスタマイズできるWebサービス 『Map Stack』次のページ

関連記事

  1. 解析ツール

    Freesoft ブルースクリーンの復旧に 原因究明に BlueScreenView

    ブルースクリーン・・・何度見ても嫌な画面ですが原因不明で突然な…

  2. 解析ツール

    どんなアプリケーションを一番使っているかを分析・表示してくれるフリーソフト 『Free Time T…

    アクティブなアプリケーションの使用時間を計測して一覧表示してく…

  3. 解析ツール

    キー回数、マウスクリック場所、起動時間などPCの様々な解析ができるフリーソフト 『WhatPulse…

    キーボードのキー毎の回数やマウスクリック場所をヒートマップで表…

  4. 解析ツール

    消してしまったファイルを復元!! ウィザード形式で簡単に復元できるフリーソフト 『EaseUS Da…

    間違って消してしまったデータを復元できるいざという時に役立つフ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP