ランサムウェアで暗号化されたファイルを複合化できる!? 復号ツール『Decryptor for TeslaCrypt Ransomware』



ランサムウェアによって暗号化されてしまったファイルを

複合化できるツールをESETが公開しました

これにより.xxxや.mp3などの拡張子ファイルなどを

元に復号できるようです

eset61

Decryptor for TeslaCrypt Ransomware ダウンロード

実行方法

eset1

上記リンク先ページよりダウンロードした

ファイルを実行します

eset2

この様なメッセージが表示されますので

「Agree」をクリックします

eset3

ダウンロードしたファイルを右クリックにて

ショートカットの作成をします

eset4

新しくできたショートカットファイルを右クリックして

プロパティを選択します

eset5

ショートカットタブの「リンク先」の項目に

上記のように「・・・・.exe c:」という風に

検索したいドライブを書き入れます

eset8

互換性タブより「管理者として・・」に

チェックを入れておきます

これでOKを押して閉じて準備完了です

eset6

ショートカットを実行するとこの様な画面が

表示され指定したドライブ内の暗号化された

ファイルを検索します

eset7

感染するのも怖いので、試していませんが

検出された場合は画面の指示に従って

復号化が出来るようです

上記の画面は特に検出されなかった場合です

もしもの時は使ってみては如何でしょうか

  • コメント: 0

関連記事

  1. 解析ツール

    動画が再生できない!? 動画のコーデックを調べる事ができるフリーソフト 『MediaInfoXP』

    動画の再生が出来ない場合などに役立つコーデックチェッカーシンプ…

  2. 解析ツール

    フォルダ容量を可視化できるフリーソフト どのフォルダが占有しているか分かる 『RidNacs』

    エクスプローラではファイル容量は分かってもフォルダ単位での容量は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP