主要Webサービスの障害をグラフ化!! TwitterやLINEなどの障害を把握 『ダウンディレクター』

主要なWebサービスの障害発生をグラフ化しているWebサービス

TwitterやLINE、GoogleやYahoo、銀行関連まで様々なWebサービスの

障害を確認する事が出来ます

なかなか興味深いWebサービスです

downdirector2

ダウンディレクター リンク先はこちらから

downdirector1

上記リンク先ページを開くと各Webサービスの

障害発生状況がすぐにグラフとして分かります

こうやってみると結構障害って発生している物なんですね~

downdirector3

各Webサービスをクリックすると拡大してみる事が可能です

よく聞くTwitterの障害状況をグラフですが、マウスを持っていくと

発生件数が分かります

downdirector4

Amazonでも障害って発生している事が分かります

downdirector5

他にもストレージサービスやプロバイダ、メッセンジャーサービス

動画配信サイトなども確認出来ます

downdirector6

オンラインバンクなどもあり、使っているWebサービスが

あると思います

downdirector7

なかなか興味深いデータです

覚えておくと便利そうなWebサービスです

  • コメント: 0

USBメモリから起動可能なスタートアップ項目を削除できるフリーソフト 『Startcleaner』前のページ

Youtube動画をループさせたり動画品質の設定も可能なChrome拡張機能 『Looper for Youtube』次のページ

関連記事

  1. 情報

    オープンデータで日本の都市を3D化するプロジェクト ブラウザで3D都市が見れるWebサービス 『PL…

    日本の都市をオープンデータで3D化するプロジェクト。そのデータをプ…

  2. 情報

    国の不安度・情勢をマップで見る事ができるWebサービス 『World Anxiety Map』

    世界中の国の不安度をマップで見る事ができるWebサービス。幸福…

  3. 情報

    忘れていませんか?? PM2.5の状況を確認できるWebサービス 『PM2.5まとめ』が分かりやすい…

    花粉や黄砂が少しマシになったかなぁという方も多いと思いますがま…

  4. 情報

    日本全国の発電所をマッピングして見える化するWebサービス 『エレクトリカル・ジャパン』

    日本全国の発電所の分布をマッピング、夜景マップと合わせてみる事で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP