ユーティリティー

オフラインでWindowsUpdateが可能になるフリーソフト 複数PCの場合に便利『WSUS Offline Update』

WindowsUpdateがオフラインでアップデート可能になるフリーソフト

仕組みは簡単でOSやOfficeなど選択したアップデートファイルをダウンロードしておいて

USBやDVDメディアからインストールするという物ですが

複数台のPCへのアップデート時やオフラインでのアップデート

クリーンアップインストール時への負荷を減らす事が可能です

ちょっとマニアックなフリーソフトですが、なかなか便利

wsusupdate3

WSUS Offline Update ダウンロード先はこちらから

ダウンロードとインストール

wsusupdate1

上記リンク先よりダウンロードします

wsusupdate2

ダウンロードしたファイルを解凍して実行ファイルを

起動します

使い方

wsusupdate4

まずアップデートを含めるOSを選択します

選択可能なOSは

Windows server 2003 (32bit / 64bit)

Windows Server 2008 (32bit / 64bit)

Windows Server 2012 (64bit)

Windows XP (64bit)

Windows Vista (32bit / 64bit)

Windows 7 (32bit / 64bit)

Windows 8 (32bit / 64bit)

Office2007

Office2010

となっており主流バージョンには対応していますが

Windows XP 32bitはレガシー製品としての対応で

もしかしたら動作に不慮があるかも知れません

wsusupdate5

次にタグにてOfficeを選択して

アップデートを含めるOfficeを選択します

wsusupdate6

オプション項目からその他の設定が出来ます

C++ランタイムや.net Frameworkなどを含める事も可能です

Windows Security Essentialsのアップデートなども適用できます

wsusupdate7

作成にはISOでDVDメディア、USBイメージからのアップデートと

選択可能です

画面をご参考頂きチェックします

設定が出来たら左下の「Start」をクリックすれば

ダウンロードが始まります

wsusupdate8

結構時間が掛かりますので、そのまま待ちます

wsusupdate12

完了したらISOの場合は同プログラムフォルダ内の

「iso」に展開されています

wsusupdate9

USBの場合は指定したフォルダにファイルが展開されています

wsusupdate10

各メディア内の実行ファイルを起動すると

この様にアップデートする項目を選択出来ますので

選択して「Start」にて更新が適用されていきます

レビュー

wsusupdate11

プログラムフォルダ内には既にダウンロードした

更新ファイルが保存されていますので

再度新しい更新ファイルを作る際などには、時間が短く作成可能です

複数台のPC設定をする際などネットワーク管理者には

非常に便利なフリーソフトです

関連記事

  1. ユーティリティー

    91言語に対応した翻訳、音声読み上げをしてくれるフリーソフト 『Dictionary.net』

    英語やロシア語など様々な言語に対応した翻訳、辞書、読上げをして…

  2. ユーティリティー

    ササッと隠せる!! 瞬時に特定のウィンドウだけを隠せるフリーソフト 『Hiddex』

    瞬時に指定した特定ウィンドウを隠してくれるフリーソフト例えばC…

  3. ユーティリティー

    パソコンを正確な時刻に設定してくれるフリーソフト 『iネッ時計』

    パソコンの時刻を常に正確な時刻に調整してくれるフリーソフト…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP