ブラウザ内で再現されたiPad2シミュレーター HTML5やCSS3の勉強になる 『iPad2 simulator』

ブラウザで再現されたiPad2でHTML5やCSS3で作られている様です

またソースコードも公開されている様なので

勉強されている方にはご参考になるかと思います

ipadsim2

iPad2 simulator リンク先はこちらから

ipadsim1

ロック画面もスライドして解除と再現されています

ipadsim21

まだ一部の様ですがSafariやMapなどは動作するようです

ipadsim3

Safariの画面のインターフェイスでページが見れます

ipadsim4

GoogleMapで地図も閲覧可能

ipadsim5

ソースコードも公開されているのでHTML5を勉強されている方は

非常に参考になると思います

  • コメント: 0

デスクトップにサッと表示出来るカレンダー 邪魔にならずに便利な『Slide Calendar』前のページ

手持ちの音楽をダンスミュージックにしてくれるWebサービス 『the Wub Machine』 バラードもノリノリに!!次のページ

関連記事

  1. 言語・開発・勉強

    60以上のプログラム言語をブラウザ上で実行できるWebサービス 『Ideone』

    ブラウザ上で60以上のプログラム言語を実行テストできるWebサ…

  2. 言語・開発・勉強

    シンセサイザーの音の仕組みを勉強・演奏もできるWebサービス 『Learning Synths』

    シンセサイザーの音の仕組み、各種パラメータなど基本を初心者でも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP