JavaScriptのエラーなどを発見してくれるWebサービス 「JSHint」 様々なエラーを解決出来る!?



先日より「子供マップ」WebサービスのGoogleMapAPI V3化をしている最中ですが

久々に触るソースに戸惑いなどを感じながら改良も合わせて色々としております

JavaScriptでAjaxを用いてMySQLよりXMLデータを取得させて・・・

と色々としておりますが、V2では問題無いのですがV3はまだまだ前途多難な感じがします

JavaScriptのエラーなどそういった時に役立つ素晴らしいWebサービスをご紹介

jshint1

JSHint リンク先はこちらから

使い方

jshint2

テキスト欄にソースコードを貼り付けて「Lint」をクリックするだけです

問題が無ければ上記の様に「Good Jobs」と表示されます

jshint5

問題があればこの様に表示されます

「Detailed Report」をクリックすると

jshint3

ちゃんと原因を教えてくれます

Missing semicolon. セミコロンを忘れていますよ~

と分かりやすいです

jshint4

なかなか便利なWebサービスで実際に「子供マップ」で使っている

メインのJSコードを貼り付けてみてかなり参考になりました。

一部JQueryなどの構文でも引っかかりますが

プログラム初心者には非常に助かるWebサービスでは無いでしょうか

  • コメント: 0

関連記事

  1. 言語・開発・勉強

    投稿型ゲームサイト HTML5なスマホ対応ゲームが沢山あります 9leap.net

    コンテストに参加や投稿されたゲームを実際に遊ぶことが出来るネットサービ…

  2. 言語・開発・勉強

    WebGL技術がどんな物か分かるプレゼンなWebサービス 『Making WebGL Dance』

    ブラウザ上でインタラクティブに描画されるWebGL技術よく目に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP