ファイル

オススメ高性能ファイル復元リカバリーソフトUndelete360 削除ファイルも復元出来る 使い方と日本語化

誰しもパソコンを使っていると経験があると思います

ファイルの削除・消去などのトラブル

大事なデータなら尚更です。

そういう場合でも復元出来るかも知れないUndelete360

試してみては如何でしょうか。。

実際の使い方や日本語設定もご説明

undelete101

undelete360 ダウンロードはコチラから

インストール

undelete1

Next

undelete2

Next

undelete3

Next

undelete4

INSTALL

undelete5

チェックボタンを一番上だけにしてFinishで完了します

基本設定 日本語化

undelete6

初期画面です。 まず英語なので日本語化にします

undelete7

上のメニュー内の「Tools」→「Change Language」→「日本語」を選択します

削除したファイルの検索

undelete8

日本語化されました。では実際に使い方ですが

左上の検索をクリックします

undelete9

次にHDDのドライブを選択して、右上の開始で

削除されたファイルの検索が始まります

undelete10

検索結果画面です

左側がファイルの種類毎にファイル数なども出ています

右側が実際の削除されて見つかったファイル一覧です

面白いのが「状態」という項目

・最良

・良

・中

・悪

・上書きされています

上から復元確率が良くて「上書きされています」が絶望的という事でしょうか??

削除してすぐの状態であれば「最良」、日が経つにつれて確率が下がっていくという感じです

undelete12

undelete13

ファイルをリアルタイムで確認出来るファイルプレビューも出来ます

ファイルだけで分からない写真などはこれで確認出来ます

ファイルの項目が多い場合は「フィルター」をクリックすると

undelete15

日付やファイル名、ファイルサイズでフィルタリング出来ますので

削除ファイルを見つけやすくなります

復元

undelete14

復元したいファイルが見つかれば

ファイルの左側にチェックボタンをチェックします

次に左上の「復元」ボタンをクリック

undelete11

復元する機能の項目として

・フォルダーの構造を維持する (無し)

・スマートリカバリを使用する (??簡易モードでリカバリ??)

・元のファイルの日時を保持する (オススメ)

・代替データストリームを復元する (良く分かりません・・)

という項目があります。

始めはチェック無しで始めてみます

復元出来ない場合は色々試してみる必要があると思います

一番下が復元ファイルの保存先を選択します

全ての設定が終われば右上の「開始」をクリック

これで保存先のフォルダに無事に復元ファイルが作成されました。

感想

使い方も簡単で分かりやすいインターフェイスで

商用ソフトと復元のエンジン等や性能は分かりませんが

無料として使えるソフトとしては非常に優秀だと思います

バックアップも大事ですが、いざと言う時には役に立ってくれそうなソフトです

関連記事

  1. ファイル

    ファイル内の文字列を検索してくれるソフト 一括検索も可能 Grape File Search

    WordpressのカスタマイズでPHP内の文字列の検索をする為に…

  2. ファイル

    消せないファイルを削除・ロックされたファイルを解除してくれるフリーソフト 『LockHunter』

    ファイルがロックされて消せないファイルなどをシステムから解除し…

  3. ファイル

    重複ファイルを一括検索、削除できるフリーソフト 『重複確認』 ハッシュで高速検索

    重複しているファイルを検索して一括削除できるフリーソフト…

  4. ファイル

    パーティションの分割・作成が出来るフリーソフト EXT3形式のフォーマットも出来る MiniTool…

    パーティションの操作・分割や作成などが出来るフリーソフトまたパ…

  5. ファイル

    初心者でも簡単に重複ファイルを検索・削除できるフリーソフト 『Auslogics Duplicate…

    初心者でも簡単なウィザード形式でPC内の重複ファイルを検索、削…

  6. ファイル

    簡単にファイルにセキュリティロックできるフリーソフト 『Easy File Locker』 読み書き…

    ファイルに読み書きの制限や削除不可能ファイルが見えなくなるよう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP