ハードウェア レビュー

【レビュー】あの東プレのキーボードを買ってみました プロも納得の高級キーボードは至高の一品でした

先日に環境を変更しようかという記事を書きましたが

ついにキーボードを購入しました。

高級キーボードの東プレのRealForceの「Realforce108UDK」というモデル

ALL30gという軽いキータッチで、今までの黒軸の60gとは全然違う軽さです

2万円程しましたが値段相応の価値あるキーボードです

DSC_7855

まずキーボードの重さ1.4Kgはキーボードとは思えない程重たいです

故にタイピング中にキーボードが動いたりという事は無いので

安定している重さという感じでしょうか。

DSC_7856

キーボード上の文字は昇華印刷という技術で印刷されています

高熱で処理してあるので、文字が剥げたりという事は無さそうですが

元々黒いキーボードに黒い字で書いてあるので文字は見にくいです

ブラインドタッチ出来るかたは問題無いと思いますが

キーボードを見ながらタイピングしている人でも少し見にくいだけで

部屋の環境・明かり次第では見ながらでも打つことが出来ると思います

DSC_7860

この記事もRealForceで入力しています

まだ少し慣れない為に、キーボードの配置などで戸惑う事はありますが

直ぐに慣れて使いやすくなりました

ただ軽すぎる為なのか、考え中などにキーボードに手を置いていると

勝手に文字を入力していたという事が何度かあります

軽すぎるという意味にも聞こえますが、私的には少しの力で

タイピング出来るという事に慣れれば非常に楽に入力できると思いますので

この軽さで気に入っています

まだこの記事分、10分くらいしか触っていませんが

すぐに良さの分かる至高の一品です

キーボードで迷っている方、RealForceオススメです

こちらから購入出来ます

関連記事

  1. ハードウェア レビュー

    自作ファイルサーバ計画進行中 ハードのご紹介

    先日のLinkStationのRaid崩壊を経験して信頼できる…

  2. ハードウェア レビュー

    自作ファイルサーバ完成! サーバ構成などをご紹介します

    先日の続きで自作サーバを組み立ててOSをインストール中とりあえ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP