*

物理演算をゲーム感覚で楽しめるフリーソフト 色々なオブジェクトを配置して重力やバランスなどを感じる事が出来ます Phun ピタゴラスイッチのようです

公開日: : 最終更新日:2011/08/02 ユーティリティー

らくがきの様にオブジェクトを配置していき、重力やバランス、物理などを感じる事が出来るフリーソフト

物理演算された画面内を見ていると結構面白いです。

実際に色々と配置して楽しんでください。

歯車やチェーンなど様々なオブジェクトも用意されていて楽しいです

日本語化も出来ます

Windows XP / Vista / 7 MacOSX / Linux 対応です

phun201

Phun ダウンロード先はこちらです

Phun日本語化ファイル ダウンロード先

使い方はこちらが参考になります (本家マニュアルページ)

ダウンロード

phun1

上記リンク先よりダウンロードをクリック

phun2

WIndows XPなら上側 WindowsVistaや7は下という様にOSに合わせてダウンロードします

インストール

phun3

ダウンロードしたファイルを実行してNext

phun4

「I accept」をチェックしてNext

phun5

Next

phun6

Next

phun7

Next

phun8

Install

phun9

Finishで完了です

日本語化手順 Phun日本語化ファイル ダウンロード先

phun10

上記リンク先よりダウンロードします

phun22

ダウンロードして解凍すると2つのフォルダが出来ますので

C:\Program Files\Algodoo Phun Edition\data

の中にコピーします

phun13

プログラムを起動して

「File」→「Change Language」→「Japanese」を選択すれば完了です

レビュー

実際に使い方を説明するのは難しいので記事冒頭の使い方を見て頂いた方が分かり易いと思いますが

サンプルシーンが収録されているので開いてみます

phun14

phun15

phun16

phun17

様々なオブジェクトが演算処理された動きで気持ち悪いぐらいに動きます

見ていてこれだけでも楽しいのですが、このソフトは実際に自分でオブジェクトを配置する事によって

重力を感じる事が出来ます

phun18

背景に固定した箱を作って、その上にボールを沢山配置してみました

配置が終わったらコントロールメニューの再生ボタンを押してみます

すると重力に従って、箱に当たったボールは跳ね返り、ボール同士も衝突して落ちていきます

phun19

一つのオブジェクトの属性なども決める事が出来ます

質量、密度、摩擦、反発係数、などなど沢山の要素を決めたり動きを決める事が出来ます

phun20

ちょっと触っていると直ぐに分かってくるので、簡単に上記画面を作る事も出来ます

再生すると歯車がグルグル、上から垂れたチェーンが歯車に当たってブラブラとします

phun21

拡大して見る事も出来ます

ニコニコ動画やYoutubeにも動画が沢山アップされているので一度見てみては如何でしょうか。

理系の方に限らず万人が楽しめると思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

    • Info (64)
    • Tips (130)
    • 市販ソフト (8)
    • 解決 (87)
    • 技あり (8)
    • 比較 (14)
    • Wordpress (15)
    • ハードウェア レビュー (26)
    • Windows8アプリ (2)
    • 美しいデスクトップを求めて (13)
    • Freesoft ゲーム (11)
    • 未分類 (1)



PAGE TOP ↑