*

2chでもサラウンド効果で臨場感を楽しめるメディアプレイヤー AVS Media Player 対応形式は非常に多くなんでも再生出来そうです

公開日: : 動画プレイヤー

対応形式が非常に多くなんでも再生出来そうなメディアプレイヤーです

サラウンド効果を擬似的に作って、2chの音源でも

5.1chや7.1chのサラウンド効果で音の空間を楽しむことが出来ます

動画だけでなく、MP3などの音楽やJpgなどの写真もスライドショーとして

再生する事も出来ます

Windows XP / 2003 / Vista / 7 (64bit動作確認) 対応

avsmedia14

AVS Media Player ダウンロード先はこちらから

インストール

avsmedia1

ダウンロードしたファイルを実行します

もちろん日本語で「はい」をクリック

avsmedia2

次へ

avsmedia3

「同意する」にチェックして次へ

avsmedia4

次へ

avsmedia5

余分なソフトは必要無いので、一番上だけにチェックして次へ

avsmedia6

このプレイヤーで再生する対応形式を選択します

規定で全てこのプレイヤーで再生するような設定になっています

avsmedia7

インストール

avsmedia8

これでインストール完了です

レビュー

avsmedia9

基本的なインターフェイスはこの様な感じで

再生画面とプレイリストが表示されます

avsmedia10

主な設定は再生画面を右クリックすると様々な項目が設定出来ます

avsmedia11

手持ちのフルHDなM2TSファイルを再生してみました

なかなか軽快に再生してくれます。

avsmedia19

プレイリストに追加はフォルダ単位やファイル単位で追加して

順次再生していってくれます

avsmedia21

こちらは画像ファイルをプレイリストに登録してみました。

スライドショーの様に再生してくれます

avsmedia15avsmedia16

設定画面にてスピーカー環境でサラウンド効果を付ける事が出来ます

実際に聞いてみましたが臨場感を体験する事が出来ます

周りの音が大きくなるという様な感じでしょうか。

様々な環境・ソースで試してみないと分かりませんが

ホームビデオ等では声などが聞き取りづらい場面もあるかも知れません

avsmedia17avsmedia18

他にも設定画面には動作設定等がありますが

動画再生に関する映像設定等は特に無いようで

AVIなどでインターレース設定が無いので横線の縞々が気になるという

動画の修正のしようがありませんでした。

ソースがDVテープでキャプチャーしたAVIが多いので、これは残念です

avsmedia20

対応形式ですがM2TSやFLVなど対応は非常に多くて

不自由する事は無さそうです

avsmedia13

再生中の使用メモリですが、他と比べても平均的な使用量です

読み込み時などの動作も素早く再生してくれます。

映像設定等はありませんが、比較的良さそうなメディアプレイヤーです

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

    • Info (64)
    • Tips (131)
    • 市販ソフト (8)
    • 解決 (87)
    • 技あり (8)
    • 比較 (14)
    • Wordpress (15)
    • ハードウェア レビュー (26)
    • Windows8アプリ (2)
    • 美しいデスクトップを求めて (13)
    • Freesoft ゲーム (11)
    • 未分類 (1)



PAGE TOP ↑